wp_remote_request

(2.7.0以降)
wp_remote_request - HTTPリクエストを送信する

説明

mixed wp_remote_request( string $url [ , array $args = array() ] )
HTTPリクエストを送信する。

パラメータ

  • $url
    リクエスト先URLを指定。
  • $args
    パラメータを連想配列で指定(省略時はarray())。連想配列の要素は次の通り。
    キー名内容省略時の値
    'method'メソッド種別'GET'
    'timeout'タイムアウト秒数5
    'redirection'リダイレクト回数5
    'httpversion'HTTPバージョン'1.0'
    'user-agent'ユーザエージェント'WordPress/'.$wp_version.'; '.get_bloginfo( 'url' )
    'blocking'ブロッキング指定true
    'headers'ヘッダーarray()
    'cookies'クッキーarray()
    'body'ボディnull
    'compress'圧縮指定false
    'decompress'非圧縮指定true
    'sslverify'SSLベリファイ指定true
    'stream'ストリーム指定false
    'filename'ファイル情報null

返り値

リクエストを送信(レスポンスを取得)できた場合は連想配列を、送信に失敗した場合はWP_Errorオブジェクトを返す。連想配列は次の通り。
キー名内容
'headers'ヘッダー情報('server'、'date'、'content-type'などの連想配列)
'body'レスポンス本体(文字列)
'response'レスポンス情報('code'と'message'要素を持つ連想配列)
'cookies'クッキー情報(配列)
'filename'ファイル情報

注意

基本的にはwp_remote_get関数と同じ。

使用例

  • 'http://wordpress.org/'にリクエストを送信する。
    <?php $response = wp_remote_request( 'http://wordpress.org/' ); ?>
  • 'http://wordpress.org/'にタイムアウト10秒でリクエストを送信する。
    <?php $response = wp_remote_request( 'http://wordpress.org/', array( 'timeout'=>10 ) ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

関連

お勧めコンテンツ

ログインページのタイトルを変更してみる(2017年11月17日 登録)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

最終更新日時 : 2017-05-23 16:20