wp_remote_retrieve_body

(2.7.0以降)
wp_remote_retrieve_body - wp_remote系関数で取得したレスポンスデータのボディ部を取得する

説明

string wp_remote_retrieve_body( array $response )
wp_remote系関数で取得したレスポンスデータのボディ部を取得する。

パラメータ

  • $response
    wp_remote系関数で取得したレスポンスデータを示す連想配列を指定。

返り値

レスポンスデータのボディ部を返す。パラメータ$responseWP_Errorクラスのオブジェクトか'body'キーの内容がない場合は''を返す。

注意

wp_remote_getwp_remote_post関数などで取得したレスポンスデータのボディ部(文字列)を取得する。昨今、ボディ部の文字列はJSONエンコードされたものが多い。

使用例

  • wp_remote系関数で取得したレスポンスデータのボディ部(JSON)をデコードして取得する。
    <?php
    $response = wp_remote_get( $args );
    $response_body = json_decode( remote_retrieve_body( $response ), true );
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

関連

お勧めコンテンツ

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

最終更新日時 : 2017-05-23 16:19