wp_remote_retrieve_body

(2.7.0以降)
wp_remote_retrieve_body - wp_remote系関数で取得したレスポンスデータのボディ部を取得する

説明

string wp_remote_retrieve_body( array $response )
wp_remote系関数で取得したレスポンスデータのボディ部を取得する。

パラメータ

  • $response
    wp_remote系関数で取得したレスポンスデータを示す連想配列を指定。

返り値

レスポンスデータのボディ部を返す。パラメータ$responseWP_Errorクラスのオブジェクトか'body'キーの内容がない場合は''を返す。

注意

wp_remote_getwp_remote_post関数などで取得したレスポンスデータのボディ部(文字列)を取得する。昨今、ボディ部の文字列はJSONエンコードされたものが多い。

使用例

  • wp_remote系関数で取得したレスポンスデータのボディ部(JSON)をデコードして取得する。
    <?php
    $response = wp_remote_get( $args );
    $response_body = json_decode( remote_retrieve_body( $response ), true );
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

関連

お勧めコンテンツ

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

最終更新日時 : 2017-05-23 16:19