wp_remote_retrieve_body

(2.7.0以降)
wp_remote_retrieve_body - wp_remote系関数で取得したレスポンスデータのボディ部を取得する

説明

string wp_remote_retrieve_body( array $response )
wp_remote系関数で取得したレスポンスデータのボディ部を取得する。

パラメータ

  • $response
    wp_remote系関数で取得したレスポンスデータを示す連想配列を指定。

返り値

レスポンスデータのボディ部を返す。パラメータ$responseWP_Errorクラスのオブジェクトか'body'キーの内容がない場合は''を返す。

注意

wp_remote_getwp_remote_post関数などで取得したレスポンスデータのボディ部(文字列)を取得する。昨今、ボディ部の文字列はJSONエンコードされたものが多い。

使用例

  • wp_remote系関数で取得したレスポンスデータのボディ部(JSON)をデコードして取得する。
    <?php
    $response = wp_remote_get( $args );
    $response_body = json_decode( remote_retrieve_body( $response ), true );
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

最終更新日時 : 2017-05-23 16:19