wp_remote_retrieve_response_code

(2.7.0以降)
wp_remote_retrieve_response_code - wp_remote系関数のレスポンスコードを取得する

説明

string wp_remote_retrieve_response_code( array &$response )
wp_remote系関数のレスポンスコードを取得する。

パラメータ

  • $response
    wp_remote_get関数などの戻り値(連想配列)を指定。

返り値

パラメータ$response['response']['code']の値を返す。$responseが無効な場合は''を返す。

注意

パラメータ$responseの無効かどうかのチェックでは、is_wp_error関数でエラーかどうか調べているので、本関数の呼び出し前にis_wp_errorを呼び出してチェックする必要はない。

使用例

  • wp_remote_get関数で取得したレスポンスが正常か調べる。
    <?php 
    $response = wp_remote_get( $args );
    if ( 200 == wp_remote_retrieve_response_code( $response ) ) :
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

関連

お勧めコンテンツ

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

最終更新日時 : 2013-07-06 13:03