wp_removable_query_args

(4.4.0以降)
wp_removable_query_args - URLの正規化時に除外するクエリー名を取得する

説明

array wp_removable_query_args( )
URLの正規化時に除外するクエリー名を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

除外対象のクエリー名が格納された配列を返す。

注意

管理者ページ向けに提供されていた機能を一般向けに切り出したもの。テーマやプラグインによって、管理者ページに独自のクエリーパラメータを使用し、かつそれらのページのlink要素(#wp-admin-canonical)にその独自クエリーパラメータを含ませたくない場合に'removable_query_args'フィルターを利用する。

使用例

  • URLの正規化時に除外するクエリー名を取得する。
    <?php $queries = wp_removable_query_args(); ?>

フィルター

[4.2.0]クエリーパラメータ名の配列を返す直前に'removable_query_args'フィルターを呼び出す。パラメータ$removable_query_argsにはクエリーパラメータ名の配列が格納される。
return apply_filters( 'removable_query_args', $removable_query_args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:19