wp_removable_query_args

(4.4.0以降)
wp_removable_query_args - URLの正規化時に除外するクエリー名を取得する

説明

array wp_removable_query_args( )
URLの正規化時に除外するクエリー名を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

除外対象のクエリー名が格納された配列を返す。

注意

管理者ページ向けに提供されていた機能を一般向けに切り出したもの。テーマやプラグインによって、管理者ページに独自のクエリーパラメータを使用し、かつそれらのページのlink要素(#wp-admin-canonical)にその独自クエリーパラメータを含ませたくない場合に'removable_query_args'フィルターを利用する。

使用例

  • URLの正規化時に除外するクエリー名を取得する。
    <?php $queries = wp_removable_query_args(); ?>

フィルター

[4.2.0]クエリーパラメータ名の配列を返す直前に'removable_query_args'フィルターを呼び出す。パラメータ$removable_query_argsにはクエリーパラメータ名の配列が格納される。
return apply_filters( 'removable_query_args', $removable_query_args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:19