wp_removable_query_args

(4.4.0以降)
wp_removable_query_args - URLの正規化時に除外するクエリー名を取得する

説明

array wp_removable_query_args( )
URLの正規化時に除外するクエリー名を取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

除外対象のクエリー名が格納された配列を返す。

注意

管理者ページ向けに提供されていた機能を一般向けに切り出したもの。テーマやプラグインによって、管理者ページに独自のクエリーパラメータを使用し、かつそれらのページのlink要素(#wp-admin-canonical)にその独自クエリーパラメータを含ませたくない場合に'removable_query_args'フィルターを利用する。

使用例

  • URLの正規化時に除外するクエリー名を取得する。
    <?php $queries = wp_removable_query_args(); ?>

フィルター

[4.2.0]クエリーパラメータ名の配列を返す直前に'removable_query_args'フィルターを呼び出す。パラメータ$removable_query_argsにはクエリーパラメータ名の配列が格納される。
return apply_filters( 'removable_query_args', $removable_query_args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

最終更新日時 : 2015-12-16 12:19