wp_reset_postdata

(3.0.0以降)
wp_reset_postdata - 投稿記事をリセットする

説明

void wp_reset_postdata( )
投稿記事をリセットする。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

時代はWP_Queryなのか」で紹介したようにWP_Queryクラスを使用して投稿記事を検索することができる。その場合、グローバル変数$postや各種投稿付随情報も更新されることになり、ページの表示内容に影響を及ぼしてしまう。このwp_reset_postdata関数は、$postをメインの投稿情報に切り替え、各種投稿付随情報も初期状態に戻す。

使用例

  • 投稿記事をリセットする。
    <?php wp_reset_postdata(); ?>

関連

お勧めコンテンツ

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40