wp_reset_postdata

(3.0.0以降)
wp_reset_postdata - 投稿記事をリセットする

説明

void wp_reset_postdata( )
投稿記事をリセットする。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

時代はWP_Queryなのか」で紹介したようにWP_Queryクラスを使用して投稿記事を検索することができる。その場合、グローバル変数$postや各種投稿付随情報も更新されることになり、ページの表示内容に影響を及ぼしてしまう。このwp_reset_postdata関数は、$postをメインの投稿情報に切り替え、各種投稿付随情報も初期状態に戻す。

使用例

  • 投稿記事をリセットする。
    <?php wp_reset_postdata(); ?>

関連

お勧めコンテンツ

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40