wp_reset_query

(2.3.0以降)
wp_reset_query - ページ呼び出し時のクエリ状態に戻す

説明

void wp_reset_query( )
ページ呼び出し時のクエリ状態に戻す。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

ページの表示前・表示中に任意に呼び出したquery_posts関数の結果を破棄し、ページ呼び出し時の状態に戻す。テーマやプラグインにおいてquery_posts関数を呼び出した場合、そのページを表示するために取得した投稿情報なども更新されてしまう。このwp_reset_query関数を呼び出すことで、ページを表示するために取得した投稿情報を復元することができる。 なお、今の投稿情報をもう一度最初から参照したいのであれば、rewind_posts関数を使用すればいい。

使用例

  • ページ呼び出し時のクエリ状態に戻す。
    <?php wp_reset_query( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

最終更新日時 : 2011-03-18 16:50