wp_reset_query

(2.3.0以降)
wp_reset_query - ページ呼び出し時のクエリ状態に戻す

説明

void wp_reset_query( )
ページ呼び出し時のクエリ状態に戻す。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

ページの表示前・表示中に任意に呼び出したquery_posts関数の結果を破棄し、ページ呼び出し時の状態に戻す。テーマやプラグインにおいてquery_posts関数を呼び出した場合、そのページを表示するために取得した投稿情報なども更新されてしまう。このwp_reset_query関数を呼び出すことで、ページを表示するために取得した投稿情報を復元することができる。 なお、今の投稿情報をもう一度最初から参照したいのであれば、rewind_posts関数を使用すればいい。

使用例

  • ページ呼び出し時のクエリ状態に戻す。
    <?php wp_reset_query( ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

最終更新日時 : 2011-03-18 16:50