wp_restore_post_revision

説明

mixed wp_restore_post_revision( int|WP_Post $revision_id [ , array $fields = null ] )
リビジョンの内容を投稿へ戻す。

パラメータ

  • $revision_id
    リビジョンIDまたはリビジョン情報(オブジェクト)を指定。
  • $fields
    更新するデータ項目を配列で指定(省略時はnull)。

返り値

リビジョンの内容を元の投稿情報へ書き戻した場合は投稿IDを返す。書き戻せなかった場合はfalse、null、WP_Errorオブジェクトのいずかを返す。


注意

パラメータ$fieldsがnullの場合、更新するデータ項目は'post_title'、'post_content'、'post_excerpt'となる。なお$fieldsの内容としてこれら3つ以外のデータ項目('ID'や'post_name'、'post_type'など)を指定しても無効となり、書き戻しの対象とはならない。

返り値のエラー判定はWP_Errorオブジェクトを考慮して真偽判定のみで行わないこと。


使用例

  • リビジョンの内容を投稿へ戻す。
    <?php wp_restore_post_revision( $revision_id ); ?>
  • リビジョンの本文部分を投稿へ戻す。
    <?php wp_restore_post_revision( $revision_id, array( 'post_content' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[2.6.0]リビジョンの内容を書き戻した場合に'wp_restore_post_revision'アクションを呼び出す。パラメータ$post_idには元の投稿IDが、$revision_IDにはリビジョンIDが格納されている。
do_action( 'wp_restore_post_revision', $post_id, $revision_ID );

ソースファイル

/wp-includes/revision.php

最終更新 : 2018年08月29日 15:27



お勧め

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2018年5月27日 更新)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 更新)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2018年5月27日 更新)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2018年5月27日 更新)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 更新)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。