wp_restore_post_revision

説明

mixed wp_restore_post_revision( int|WP_Post $revision_id [ , array $fields = null ] )
リビジョンの内容を投稿へ戻す。

パラメータ

  • $revision_id
    リビジョンIDまたはリビジョン情報(オブジェクト)を指定。
  • $fields
    更新するデータ項目を配列で指定(省略時はnull)。

返り値

リビジョンの内容を元の投稿情報へ書き戻した場合は投稿IDを返す。書き戻せなかった場合はfalse、null、WP_Errorオブジェクトのいずかを返す。


注意

パラメータ$fieldsがnullの場合、更新するデータ項目は'post_title'、'post_content'、'post_excerpt'となる。なお$fieldsの内容としてこれら3つ以外のデータ項目('ID'や'post_name'、'post_type'など)を指定しても無効となり、書き戻しの対象とはならない。

返り値のエラー判定はWP_Errorオブジェクトを考慮して真偽判定のみで行わないこと。


使用例

  • リビジョンの内容を投稿へ戻す。
    <?php wp_restore_post_revision( $revision_id ); ?>
  • リビジョンの本文部分を投稿へ戻す。
    <?php wp_restore_post_revision( $revision_id, array( 'post_content' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[2.6.0]リビジョンの内容を書き戻した場合に'wp_restore_post_revision'アクションを呼び出す。パラメータ$post_idには元の投稿IDが、$revision_IDにはリビジョンIDが格納されている。
do_action( 'wp_restore_post_revision', $post_id, $revision_ID );

ソースファイル

/wp-includes/revision.php

最終更新 : 2018年08月29日 15:27



お勧め

囲み型ショートコードとwpautop(2018年5月27日 更新)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

使っていないか確認しないとね!(フィルター編)(2019年4月24日 更新)

先週末にWordPress 5.2 Beta3(以降5.2Beta3)が公開され、正式リリースまであとわずか。ソースコードの変更点を見ていくと、wp-login.phpの中に非推奨となったフィルターが目に留まった。

Login rebuilder 2.5.0の新機能紹介(2018年12月10日 更新)

今回追加したものは、任意の名前でロックファイルを設定し、そのファイルが存在する場合は常にログイン不可にする機能である。この機能を有効にしておくことで、何らかの理由により認証に関する情報が漏洩した場合でも不正なログインを防ぐことができる。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 更新)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近まで get_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月14日 更新)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。