wp_restore_post_revision

説明

mixed wp_restore_post_revision( int|WP_Post $revision_id [ , array $fields = null ] )
リビジョンの内容を投稿へ戻す。

パラメータ

  • $revision_id
    リビジョンIDまたはリビジョン情報(オブジェクト)を指定。
  • $fields
    更新するデータ項目を配列で指定(省略時はnull)。

返り値

リビジョンの内容を元の投稿情報へ書き戻した場合は投稿IDを返す。書き戻せなかった場合はfalse、null、WP_Errorオブジェクトのいずかを返す。


注意

パラメータ$fieldsがnullの場合、更新するデータ項目は'post_title'、'post_content'、'post_excerpt'となる。なお$fieldsの内容としてこれら3つ以外のデータ項目('ID'や'post_name'、'post_type'など)を指定しても無効となり、書き戻しの対象とはならない。

返り値のエラー判定はWP_Errorオブジェクトを考慮して真偽判定のみで行わないこと。


使用例

  • リビジョンの内容を投稿へ戻す。
    <?php wp_restore_post_revision( $revision_id ); ?>
  • リビジョンの本文部分を投稿へ戻す。
    <?php wp_restore_post_revision( $revision_id, array( 'post_content' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[2.6.0]リビジョンの内容を書き戻した場合に'wp_restore_post_revision'アクションを呼び出す。パラメータ$post_idには元の投稿IDが、$revision_IDにはリビジョンIDが格納されている。
do_action( 'wp_restore_post_revision', $post_id, $revision_ID );

ソースファイル

/wp-includes/revision.php

最終更新 : 2018年08月29日 15:27



お勧め

Contact Form 7に確認フェーズを(2012年12月16日 更新)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年10月16日 更新)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 更新)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

投稿日の検索が自由自在に(2015年3月7日 更新)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろん query_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2018年5月27日 更新)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。