wp_restore_post_revision

説明

mixed wp_restore_post_revision( int|WP_Post $revision_id [ , array $fields = null ] )
リビジョンの内容を投稿へ戻す。

パラメータ

  • $revision_id
    リビジョンIDまたはリビジョン情報(オブジェクト)を指定。
  • $fields
    更新するデータ項目を配列で指定(省略時はnull)。

返り値

リビジョンの内容を元の投稿情報へ書き戻した場合は投稿IDを返す。書き戻せなかった場合はfalse、null、WP_Errorオブジェクトのいずかを返す。


注意

パラメータ$fieldsがnullの場合、更新するデータ項目は'post_title'、'post_content'、'post_excerpt'となる。なお$fieldsの内容としてこれら3つ以外のデータ項目('ID'や'post_name'、'post_type'など)を指定しても無効となり、書き戻しの対象とはならない。

返り値のエラー判定はWP_Errorオブジェクトを考慮して真偽判定のみで行わないこと。


使用例

  • リビジョンの内容を投稿へ戻す。
    <?php wp_restore_post_revision( $revision_id ); ?>
  • リビジョンの本文部分を投稿へ戻す。
    <?php wp_restore_post_revision( $revision_id, array( 'post_content' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[2.6.0]リビジョンの内容を書き戻した場合に'wp_restore_post_revision'アクションを呼び出す。パラメータ$post_idには元の投稿IDが、$revision_IDにはリビジョンIDが格納されている。
do_action( 'wp_restore_post_revision', $post_id, $revision_ID );

ソースファイル

/wp-includes/revision.php

最終更新 : 2018年08月29日 15:27



お勧め

日本語名のユーザーを登録する(2018年5月27日 更新)

標準のログインID(ユーザー名)は、英数字と一部の記号の組み合わせで構成されている。一般的なシステムのログインIDはおおむねこんな感じだが、ふと「インターネット環境ならログインIDに日本語が使用できてもいいんじゃないか」と思い、実現できるか調べてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月14日 更新)

久しぶりに query_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2018年5月27日 更新)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2018年5月27日 更新)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 更新)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。