wp_safe_redirect

(2.3以降)
wp_safe_redirect - 指定されたURLが有効か調べ、リダイレクトする

説明

void wp_safe_redirect( string $locaution [ , int $status = 302 ] )
指定されたURLが有効か調べ、リダイレクトする。

パラメータ

  • $locaution
    リダイレクト先のURLを指定。
  • $status
    リダイレクト時のステータスコードを指定(省略時は302)。

返り値

返り値はありません。

注意

wp_redirect関数はURLの内容を検証しないが、このwp_safe_redirect関数はURLを内容を検証し、無効なURLの場合はadmin_url関数で取得できる管理者向けページへリダイレクトする。

使用例

  • $urlへリダイレクトする。
    <?php wp_safe_redirect( $url ); ?>

フィルター

[4.3.0]パラメータ$locautionが無効なURLの場合にリダイレクト先として管理者向けページのURLを確定する前にwp_safe_redirect_fallbackフィルターを呼び出す。パラメータ$admin_urlにはadmin_url関数で取得した値が、$statusは本関数が受け取った内容が格納される。
$location = wp_validate_redirect( $location, apply_filters( 'wp_safe_redirect_fallback', $admin_url, $status ) );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

最終更新日時 : 2015-08-26 12:48