wp_safe_redirect

(2.3以降)
wp_safe_redirect - 指定されたURLが有効か調べ、リダイレクトする

説明

void wp_safe_redirect( string $locaution [ , int $status = 302 ] )
指定されたURLが有効か調べ、リダイレクトする。

パラメータ

  • $locaution
    リダイレクト先のURLを指定。
  • $status
    リダイレクト時のステータスコードを指定(省略時は302)。

返り値

返り値はありません。

注意

wp_redirect関数はURLの内容を検証しないが、このwp_safe_redirect関数はURLを内容を検証し、無効なURLの場合はadmin_url関数で取得できる管理者向けページへリダイレクトする。

使用例

  • $urlへリダイレクトする。
    <?php wp_safe_redirect( $url ); ?>

フィルター

[4.3.0]パラメータ$locautionが無効なURLの場合にリダイレクト先として管理者向けページのURLを確定する前にwp_safe_redirect_fallbackフィルターを呼び出す。パラメータ$admin_urlにはadmin_url関数で取得した値が、$statusは本関数が受け取った内容が格納される。
$location = wp_validate_redirect( $location, apply_filters( 'wp_safe_redirect_fallback', $admin_url, $status ) );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

最終更新日時 : 2015-08-26 12:48