wp_safe_redirect

(2.3以降)
wp_safe_redirect - 指定されたURLが有効か調べ、リダイレクトする

説明

void wp_safe_redirect( string $locaution [ , int $status = 302 ] )
指定されたURLが有効か調べ、リダイレクトする。

パラメータ

  • $locaution
    リダイレクト先のURLを指定。
  • $status
    リダイレクト時のステータスコードを指定(省略時は302)。

返り値

返り値はありません。

注意

wp_redirect関数はURLの内容を検証しないが、このwp_safe_redirect関数はURLを内容を検証し、無効なURLの場合はadmin_url関数で取得できる管理者向けページへリダイレクトする。

使用例

  • $urlへリダイレクトする。
    <?php wp_safe_redirect( $url ); ?>

フィルター

[4.3.0]パラメータ$locautionが無効なURLの場合にリダイレクト先として管理者向けページのURLを確定する前にwp_safe_redirect_fallbackフィルターを呼び出す。パラメータ$admin_urlにはadmin_url関数で取得した値が、$statusは本関数が受け取った内容が格納される。
$location = wp_validate_redirect( $location, apply_filters( 'wp_safe_redirect_fallback', $admin_url, $status ) );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

最終更新日時 : 2015-08-26 12:48