wp_schedule_single_event

説明

void bool wp_schedule_single_event( int $timestamp, string $hook [ , array $args = array() ] )
一度だけ実行するアクションをスケジュールに登録する。

パラメータ

  • $timestamp
    実行時間(GMT時刻)を指定。
  • $hook
    アクション名を指定。
  • $args
    スケジュールのパラメータを配列で指定(省略時はarray())。

返り値

基本的には何も返さない。アクションをスケジュールに追加した場合はtrueを、追加しなかった場合はfalseを返す。


注意

パラメータ$timestampの値はGMT時間になるので、日本時間との時差に注意しなければならない。

同じアクション名であっても、パラメータの内容が異なれば複数登録できる。また、同アクション名、同じ内容のパラメータについては、設定する実行時間が以前の実行時間から10分を超えている場合は登録できる(10分以内は登録できない)。

[5.1.0]スケジュールを登録できた場合にtrueを返すようになった(以前は何も返さない)。


使用例

  • アクション名'schedule_delayed_action'のアクションを登録する。
    <?php
    function delayed_action( $arg1 ) {
    	// ここにアクション内容を
    }
    add_action( 'schedule_delayed_action', 'delayed_action' );
    
    wp_schedule_single_event( time()+24*3600, 'schedule_delayed_action', array( 'hello world.' ) );
    ?>

フィルター

[5.1.0]次のスケジュールと比較する前に'pre_schedule_event'フィルターを呼び出す。パラメータ$preにはnullが、$eventにはhook、timestamp、schedule(値はfalse)、argsプロパティを持つイベント情報オブジェクトが格納されている。このフィルターでnull以外を返すとイベント情報は追加されない。
$pre = apply_filters( 'pre_schedule_event', $pre, $event );
[3.1.0]アクションの登録前に'schedule_event'フィルターを呼び出す。パラメータ$eventには、イベント情報オブジェクトが格納されている。フィルター関数でfalseを返すと、そのアクション登録は中止となる(本関数の返り値にfalseを返す)。
$event = apply_filters( 'schedule_event', $event );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/cron.php

最終更新 : 2019年03月20日 16:49



お勧め

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2018年5月27日 更新)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2018年5月27日 更新)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

Gutenbergでカスタムフィールドを使う(2018年8月10日 更新)

Gutenbergの新エディターではカスタムフィールドのウィジェットが表示されない。既存のカスタムフィールドのデータはなくなるわけでないので、新エディター上で編集・更新できないか調べてみた。

Login rebuilder 2.4.0の新機能を紹介(2018年5月27日 更新)

昨日、約半年ぶりにLogin rebuilderをアップデートし、著者ページ(author page)の閲覧を制限できる機能を追加した。この機能は、著者ページの閲覧によってユーザーIDが類推されることを防ぐことが目的としている。

ブロックエディターで編集したページが出力した余分な改行を削除(2019年2月22日 更新)

ブロックエディターで編集したページのHTMLソースは、投稿本文部分の改行が目立った。Webページとしての表示は問題ないのだが、データとしては不要なので削除することにした。