wp_script_is

説明

bool wp_script_is( string $handle [ , string $list = 'enqueued' ] )
スクリプトの状態を調べる。

パラメータ

  • $handle
    スクリプトのハンドル名を指定。
  • $list
    [3.5.0]スクリプトの状態を示す'enqueued'(または'queue')、'registered'、'to_do'、'done'のいずれかを指定(省略時は'enqueued')。

返り値

スクリプトが指定された状態であればtrueを、状態でなければfalseを返す。

注意

標準的なスクリプトの出力は次のような流れとなる。

  1. テーマやプラグインで wp_register_script関数で「登録配列(registered配列)」に追加
  2. テーマやプラグインで wp_enqueue_script関数で「出力待ち配列(queue配列)」に追加
  3. wp_headアクションで実行されるwp_print_head_scripts関数でhead要素内の分をまとめて出力
  4. wp_footerアクションで実行されるwp_print_footer_scripts関数で残り分をまとめて出力
  5. 上記のほか、一部のプラグインではwp_print_scripts関数を使用して個別に出力

スクリプトの出力時、まず出力対象の依存関係を調べ、依存関係があるスクリプトを含めて「実行対象配列(to_do配列)」に格納する。すべて実行対象配列に格納したら、スクリプトを出力→「実行済み配列(done配列)」に格納→実行対象配列から削除までの流れを、実行対象配列が空になるまで繰り返し行う。通常、実行されたスクリプトはその段階で出力待ち配列から削除されない。

本関数はパラメータ$listで指定された配列内にパラメータ$handleで指定されたスクリプトが格納されているかを調べ、その有無を返している。


使用例

  • スクリプト'myscript'が出力待ちか調べる。
    <?php if ( wp_script_is( 'myscript' ) ) : ?>
  • スクリプト'myscript'が出力済みか調べる。
    <?php if ( wp_script_is( 'myscript', 'done' ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-scripts.php

最終更新 : 2019年05月29日 14:37



お勧め

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2018年8月21日 更新)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2018年5月27日 更新)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

任意の名前でエラーログファイルを指定する(2019年2月15日 更新)

来週にはWordPress 5.1がリリース。RC1のソースコードを見ていると、 wp_debug_mode関数が変更されており、興味深かった。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 更新)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月14日 更新)

久しぶりに query_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。