wp_script_is

説明

bool wp_script_is( string $handle [ , string $list = 'enqueued' ] )
スクリプトの状態を調べる。

パラメータ

  • $handle
    スクリプトのハンドル名を指定。
  • $list
    [3.5.0]スクリプトの状態を示す'enqueued'(または'queue')、'registered'、'to_do'、'done'のいずれかを指定(省略時は'enqueued')。

返り値

スクリプトが指定された状態であればtrueを、状態でなければfalseを返す。

注意

標準的なスクリプトの出力は次のような流れとなる。

  1. テーマやプラグインでwp_register_script関数で「登録配列(registered配列)」に追加
  2. テーマやプラグインで wp_enqueue_script関数で「出力待ち配列(queue配列)」に追加
  3. wp_headアクションで実行されるwp_print_head_scripts関数でhead要素内の分をまとめて出力
  4. wp_footerアクションで実行されるwp_print_footer_scripts関数で残り分をまとめて出力
  5. 上記のほか、一部のプラグインではwp_print_scripts関数を使用して個別に出力

スクリプトの出力時、まず出力対象の依存関係を調べ、依存関係があるスクリプトを含めて「実行対象配列(to_do配列)」に格納する。すべて実行対象配列に格納したら、スクリプトを出力→「実行済み配列(done配列)」に格納→実行対象配列から削除までの流れを、実行対象配列が空になるまで繰り返し行う。通常、実行されたスクリプトはその段階で出力待ち配列から削除されない。

本関数はパラメータ$listで指定された配列内にパラメータ$handleで指定されたスクリプトが格納されているかを調べ、その有無を返している。


使用例

  • スクリプト'myscript'が出力待ちか調べる。
    <?php if ( wp_script_is( 'myscript' ) ) : ?>
  • スクリプト'myscript'が出力済みか調べる。
    <?php if ( wp_script_is( 'myscript', 'done' ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-scripts.php

最終更新 : 2019年05月29日 14:37



お勧め

Gutenbergでカスタムフィールドを使う(2018年8月10日 更新)

Gutenbergの新エディターではカスタムフィールドのウィジェットが表示されない。既存のカスタムフィールドのデータはなくなるわけでないので、新エディター上で編集・更新できないか調べてみた。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2018年5月27日 更新)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2018年5月27日 更新)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月7日 更新)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2018年5月27日 更新)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。