wp_script_is

説明

bool wp_script_is( string $handle [ , string $list = 'enqueued' ] )
スクリプトの状態を調べる。

パラメータ

  • $handle
    スクリプトのハンドル名を指定。
  • $list
    [3.5.0]スクリプトの状態を示す'enqueued'(または'queue')、'registered'、'to_do'、'done'のいずれかを指定(省略時は'enqueued')。

返り値

スクリプトが指定された状態であればtrueを、状態でなければfalseを返す。

注意

標準的なスクリプトの出力は次のような流れとなる。

  1. テーマやプラグインでwp_register_script関数で「登録配列(registered配列)」に追加
  2. テーマやプラグインで wp_enqueue_script関数で「出力待ち配列(queue配列)」に追加
  3. wp_headアクションで実行されるwp_print_head_scripts関数でhead要素内の分をまとめて出力
  4. wp_footerアクションで実行されるwp_print_footer_scripts関数で残り分をまとめて出力
  5. 上記のほか、一部のプラグインではwp_print_scripts関数を使用して個別に出力

スクリプトの出力時、まず出力対象の依存関係を調べ、依存関係があるスクリプトを含めて「実行対象配列(to_do配列)」に格納する。すべて実行対象配列に格納したら、スクリプトを出力→「実行済み配列(done配列)」に格納→実行対象配列から削除までの流れを、実行対象配列が空になるまで繰り返し行う。通常、実行されたスクリプトはその段階で出力待ち配列から削除されない。

本関数はパラメータ$listで指定された配列内にパラメータ$handleで指定されたスクリプトが格納されているかを調べ、その有無を返している。


使用例

  • スクリプト'myscript'が出力待ちか調べる。
    <?php if ( wp_script_is( 'myscript' ) ) : ?>
  • スクリプト'myscript'が出力済みか調べる。
    <?php if ( wp_script_is( 'myscript', 'done' ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-scripts.php

最終更新 : 2019年05月29日 14:37



お勧め

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 更新)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 更新)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとして add_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

「順序」をtextからnumberに変更してみた(2018年5月27日 更新)

固定ページの編集画面の「投稿の属性」ウィジェットには、ページの並び替えに使用できる「順序」のinput要素がある。この「順序」のinput要素はtype属性が'text'となっており、編集の際にIMEが有効になってしまう場合がある。ページの編集頻度が多くなると、その都度IMEをオフにするのがやや面倒になってくる。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 更新)

ログイン関係を調べている関係で、 wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

5.3の機能強化:カスタムフィールドキーの条件指定が使いやすくなる(2019年11月19日 更新)

5.3 RC4もリリースされ、正式リリースまであと1週間。5.3の変更点を確認していると、WP_Meta_Queryクラスが変更されていた。これは「Expanded meta key comparison operators in 5.3」で紹介されており、さまざまな条件指定が追加されていた。