wp_send_json_error

(3.5.0以降)
wp_send_json_error - Ajaxリクエストの失敗レスポンスとしてJSON情報を返す

説明

void wp_send_json_error( mixed $response, int $status_code = null )
AJAXリクエストの失敗レスポンスとしてJSON情報を返す。

パラメータ

  • $data
    データ内容を指定(省略時は、null)。
  • $status_code
    [4.7.0]HTTPステータスコードを指定(省略時はnull)。

返り値

この関数内で終了するため、何も返さない。

注意

レスポンスの内容は、次の通り。

/* $dataが省略された場合 */
array( 'success' => false );

/* $dataが指定された場合 */
array( 'success' => false, 'data' => $data );

[4.1.0]パラメータ$dataがWP_Errorオブジェクトの場合、'data'には$dataがそのまま格納されず、中身であるエラーコード(キー:'code')とエラーメッセージ(キー:'message')が格納された配列となる。

[4.7.0]パラメータ$status_codeが指定された場合は先にステータスヘッダーを出力してからJSON内容を出力する。

使用例

  • 失敗レスポンスを返す。
    <?php wp_send_json_error(); ?>
  • 変数$dataを添えて失敗レスポンスを返す。
    <?php wp_send_json_error( $data ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • status_header - HTTPステータスをセットする
  • wp_send_json - AjaxリクエストのレスポンスとしてJSON情報を返す
  • wp_send_json_success - Ajaxリクエストの成功レスポンスとしてJSON情報を返す

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

最終更新日時 : 2016-12-09 10:42