wp_send_json_success

(3.5.0以降)
wp_send_json_success - Ajaxリクエストの成功レスポンスとしてJSON情報を返す

説明

void wp_send_json_success( mixed $response, int $status_code = null )
AJAXリクエストの成功レスポンスとしてJSON情報を返す。

パラメータ

  • $data
    データ内容を指定(省略時は、null)。
  • $status_code
    [4.7.0]HTTPステータスコードを指定(省略時はnull)。

返り値

この関数内で終了するため、何も返さない。

注意

レスポンスの内容は、次の通り。

/* $dataが省略された場合 */
array( 'success' => true );

/* $dataが指定された場合 */
array( 'success' => true, 'data' => $data );

[4.7.0]パラメータ$status_codeが指定された場合は先にステータスヘッダーを出力してからJSON内容を出力する。

使用例

  • 成功レスポンスを返す。
    <?php wp_send_json_success(); ?>
  • 変数$dataを添えて成功レスポンスを返す。
    <?php wp_send_json_success( $data ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • status_header - HTTPステータスをセットする
  • wp_send_json - AjaxリクエストのレスポンスとしてJSON情報を返す
  • wp_send_json_error - Ajaxリクエストの失敗レスポンスとしてJSON情報を返す

お勧めコンテンツ

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

最終更新日時 : 2016-12-09 10:39