wp_send_json_success

(3.5.0以降)
wp_send_json_success - Ajaxリクエストの成功レスポンスとしてJSON情報を返す

説明

void wp_send_json_success( mixed $response, int $status_code = null )
AJAXリクエストの成功レスポンスとしてJSON情報を返す。

パラメータ

  • $data
    データ内容を指定(省略時は、null)。
  • $status_code
    [4.7.0]HTTPステータスコードを指定(省略時はnull)。

返り値

この関数内で終了するため、何も返さない。

注意

レスポンスの内容は、次の通り。

/* $dataが省略された場合 */
array( 'success' => true );

/* $dataが指定された場合 */
array( 'success' => true, 'data' => $data );

[4.7.0]パラメータ$status_codeが指定された場合は先にステータスヘッダーを出力してからJSON内容を出力する。

使用例

  • 成功レスポンスを返す。
    <?php wp_send_json_success(); ?>
  • 変数$dataを添えて成功レスポンスを返す。
    <?php wp_send_json_success( $data ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • status_header - HTTPステータスをセットする
  • wp_send_json - AjaxリクエストのレスポンスとしてJSON情報を返す
  • wp_send_json_error - Ajaxリクエストの失敗レスポンスとしてJSON情報を返す

お勧めコンテンツ

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

最終更新日時 : 2016-12-09 10:39