wp_set_current_user

説明

WP_User wp_set_current_user( int $id [ , string $name = '' ] )
パラメータ$idで指定されたユーザ情報を新しい現在のユーザ情報として設定する。

パラメータ

  • $id
    ユーザIDを指定。
  • $name
    ユーザ名を指定(省略時は'')。

返り値

新しい現在のユーザ情報としてWP_Userのオブジェクト(グローバル変数$current_user)を返す。ユーザ情報のプロパティは次の通り。
プロパティ名データ型意味
dataObject基本データ
IDintユーザID
idintユーザID
capsArray所有するロールの連想配列(キー名がロール名)
cap_keystringロールのキー名
rolesArray所有するロールの配列(値がロール名)
allcapsArray所有する権限の連想配列(キー名が権限名)
first_namestring名前
last_namestring名字
filterstringフィルター
user_loginstringログイン名
user_passstring暗号化されたパスワード
user_nicenamestringナイスネーム
user_emailstringメールアドレス
user_urlstringウェブサイト
user_registeredstring登録日時(書式はyyyy-mm-dd hh:mm:ss)
user_activation_keystringアクティベーションキー
user_statusintステータス
display_namestringブログ上の表示名
spamintスパム
deletedint削除状態
nicknamestringニックネーム
descriptionstringプロフィール情報
rich_editingboolビジュアルリッチエディターの状況
comment_shortcutsboolキーボードショートカットの状況
admin_colorstring管理画面の配色
use_sslintSSL使用
aimstringAIM
yimstringYahoo IM
jabberstringJabber / Google Talk
wp_capabilitiesArray所有するロールの連想配列
wp_user_levelintユーザレベル
wp_dashboard_quick_press_last_post_idintクイック編集用の投稿ID
wp_usersettingsstringユーザ設定内容
wp_usersettingstimeintユーザ設定更新時間(秒数)
source_domainstringドメイン名
primary_blogintブログID
closedpostboxes_postArrayクローズされている編集パーツの配列
metaboxhidden_postArray非表示の編集パーツの配列
metaboxorder_postArray編集パーツの並び順(キー名は'side'、'normal'、'advanced')
screen_layout_postintスクリーンレイアウト(列の数)
managenavmenuscolumnshiddenArray非表示のナビゲーションメニュー項目
metaboxhidden_navmenusArray非表示のナビゲーションメニュー編集パーツ
user_levelintユーザレベル
user_firstnamestring名前
user_lastnamestring名字
user_descriptionstringプロフィール情報

注意

内部では、パラメータ$idおよび$nameで取得したユーザ情報をグローバル変数$current_userに設定する。

使用例

  • ユーザIDが3のユーザを現在のユーザとして設定する。
    <?php $userinfo = wp_set_current_user( 3 ); >

最終更新 : 2011年06月23日 17:17



お勧め

get_postsとquery_postsを使い分け(2018年5月27日 更新)

get_posts query_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 更新)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

ログインページのタイトルを変更してみる(2018年5月27日 更新)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

Login rebuilder 2.4.1の新機能紹介(2018年12月10日 更新)

少し前にLogin rebuilderをアップデートし、oEmbedに関連する情報を制限できる機能を追加。この機能は、oEmbed関連情報によってユーザーIDが類推されることを防ぐことが目的としている。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2018年5月27日 更新)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。