wp_set_current_user

(2.0.3以降)
wp_set_current_user - 現在のユーザ情報を設定する

説明

WP_User wp_set_current_user( int $id [ , string $name = '' ] )
パラメータ$idで指定されたユーザ情報を新しい現在のユーザ情報として設定する。

パラメータ

  • $id
    ユーザIDを指定。
  • $name
    ユーザ名を指定(省略時は'')。

返り値

新しい現在のユーザ情報としてWP_Userのオブジェクト(グローバル変数$current_user)を返す。ユーザ情報のプロパティは次の通り。
プロパティ名データ型意味
dataObject基本データ
IDintユーザID
idintユーザID
capsArray所有するロールの連想配列(キー名がロール名)
cap_keystringロールのキー名
rolesArray所有するロールの配列(値がロール名)
allcapsArray所有する権限の連想配列(キー名が権限名)
first_namestring名前
last_namestring名字
filterstringフィルター
user_loginstringログイン名
user_passstring暗号化されたパスワード
user_nicenamestringナイスネーム
user_emailstringメールアドレス
user_urlstringウェブサイト
user_registeredstring登録日時(書式はyyyy-mm-dd hh:mm:ss)
user_activation_keystringアクティベーションキー
user_statusintステータス
display_namestringブログ上の表示名
spamintスパム
deletedint削除状態
nicknamestringニックネーム
descriptionstringプロフィール情報
rich_editingboolビジュアルリッチエディターの状況
comment_shortcutsboolキーボードショートカットの状況
admin_colorstring管理画面の配色
use_sslintSSL使用
aimstringAIM
yimstringYahoo IM
jabberstringJabber / Google Talk
wp_capabilitiesArray所有するロールの連想配列
wp_user_levelintユーザレベル
wp_dashboard_quick_press_last_post_idintクイック編集用の投稿ID
wp_usersettingsstringユーザ設定内容
wp_usersettingstimeintユーザ設定更新時間(秒数)
source_domainstringドメイン名
primary_blogintブログID
closedpostboxes_postArrayクローズされている編集パーツの配列
metaboxhidden_postArray非表示の編集パーツの配列
metaboxorder_postArray編集パーツの並び順(キー名は'side'、'normal'、'advanced')
screen_layout_postintスクリーンレイアウト(列の数)
managenavmenuscolumnshiddenArray非表示のナビゲーションメニュー項目
metaboxhidden_navmenusArray非表示のナビゲーションメニュー編集パーツ
user_levelintユーザレベル
user_firstnamestring名前
user_lastnamestring名字
user_descriptionstringプロフィール情報

注意

内部では、パラメータ$idおよび$nameで取得したユーザ情報をグローバル変数$current_userに設定する。

使用例

  • ユーザIDが3のユーザを現在のユーザとして設定する。
    <?php $userinfo = wp_set_current_user( 3 ); >

関連

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

最終更新日時 : 2011-06-23 17:17