wp_set_object_terms

(2.3.0以降)
wp_set_object_terms - 投稿情報などにタクソノミーを設定する

説明

mixed wp_set_object_terms( int $object_id, mixed $terms, mixed $taxonomy [ , bool $append = false ] )
投稿情報などにタクソノミーを設定する。

パラメータ

  • $object_id
    投稿情報などのIDを指定
  • $terms
    タームID、ターム名またはそれらの配列を指定
  • $taxonomy
    'category'や'post_tag'などのタクソノミー名またはその配列を指定
  • $append
    追加のみを行う場合はtrue、指定したタクソノミー以外を削除する場合はfalseを指定(省略時、false)

返り値

正しく設定できた場合はタームIDの配列を返す。設定できなかった場合は、エラー内容を示すWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

カスタム投稿タイプにカテゴリを設定する場合は、register_post_type関数による登録際、'taxonomies'プロパティに'category'を指定しておくこと。この指定がない場合は正しく動作しない。
wp_set_post_categories関数ではカテゴリーをIDまたはその配列で指定するが、このwp_set_object_terms関数は文字列で指定できるので、こちらのほうが便利かも。

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報に'ニュース'と'値下げ'のカテゴリーを設定する。
    <?php wp_set_object_terms( 10, array( 'ニュース', '値下げ' ), 'category' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

タクソノミーの関連付け情報を追加する前に'add_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'add_term_relationship', $object_id, $tt_id );
タクソノミーの関連付け情報を追加した後に'added_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'added_term_relationship', $object_id, $tt_id );
タクソノミーの関連付け情報を削除する前に'delete_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'delete_term_relationships', $object_id, $delete_terms );
タクソノミーの関連付け情報を削除した後に'deleted_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'deleted_term_relationships', $object_id, $delete_terms );
返り値を返す直前に'set_object_terms'アクションを呼び出す。
do_action( 'set_object_terms', $object_id, $terms, $tt_ids, $taxonomy, $append, $old_tt_ids );

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

最終更新日時 : 2013-08-08 15:33