wp_set_object_terms

(2.3.0以降)
wp_set_object_terms - 投稿情報などにタクソノミーを設定する

説明

mixed wp_set_object_terms( int $object_id, mixed $terms, mixed $taxonomy [ , bool $append = false ] )
投稿情報などにタクソノミーを設定する。

パラメータ

  • $object_id
    投稿情報などのIDを指定
  • $terms
    タームID、ターム名またはそれらの配列を指定
  • $taxonomy
    'category'や'post_tag'などのタクソノミー名またはその配列を指定
  • $append
    追加のみを行う場合はtrue、指定したタクソノミー以外を削除する場合はfalseを指定(省略時、false)

返り値

正しく設定できた場合はタームIDの配列を返す。設定できなかった場合は、エラー内容を示すWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

カスタム投稿タイプにカテゴリを設定する場合は、register_post_type関数による登録際、'taxonomies'プロパティに'category'を指定しておくこと。この指定がない場合は正しく動作しない。
wp_set_post_categories関数ではカテゴリーをIDまたはその配列で指定するが、このwp_set_object_terms関数は文字列で指定できるので、こちらのほうが便利かも。

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報に'ニュース'と'値下げ'のカテゴリーを設定する。
    <?php wp_set_object_terms( 10, array( 'ニュース', '値下げ' ), 'category' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

タクソノミーの関連付け情報を追加する前に'add_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'add_term_relationship', $object_id, $tt_id );
タクソノミーの関連付け情報を追加した後に'added_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'added_term_relationship', $object_id, $tt_id );
タクソノミーの関連付け情報を削除する前に'delete_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'delete_term_relationships', $object_id, $delete_terms );
タクソノミーの関連付け情報を削除した後に'deleted_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'deleted_term_relationships', $object_id, $delete_terms );
返り値を返す直前に'set_object_terms'アクションを呼び出す。
do_action( 'set_object_terms', $object_id, $terms, $tt_ids, $taxonomy, $append, $old_tt_ids );

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2013-08-08 15:33