wp_set_object_terms

(2.3.0以降)
wp_set_object_terms - 投稿情報などにタクソノミーを設定する

説明

mixed wp_set_object_terms( int $object_id, mixed $terms, mixed $taxonomy [ , bool $append = false ] )
投稿情報などにタクソノミーを設定する。

パラメータ

  • $object_id
    投稿情報などのIDを指定
  • $terms
    タームID、ターム名またはそれらの配列を指定
  • $taxonomy
    'category'や'post_tag'などのタクソノミー名またはその配列を指定
  • $append
    追加のみを行う場合はtrue、指定したタクソノミー以外を削除する場合はfalseを指定(省略時、false)

返り値

正しく設定できた場合はタームIDの配列を返す。設定できなかった場合は、エラー内容を示すWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

カスタム投稿タイプにカテゴリを設定する場合は、register_post_type関数による登録際、'taxonomies'プロパティに'category'を指定しておくこと。この指定がない場合は正しく動作しない。
wp_set_post_categories関数ではカテゴリーをIDまたはその配列で指定するが、このwp_set_object_terms関数は文字列で指定できるので、こちらのほうが便利かも。

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報に'ニュース'と'値下げ'のカテゴリーを設定する。
    <?php wp_set_object_terms( 10, array( 'ニュース', '値下げ' ), 'category' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

タクソノミーの関連付け情報を追加する前に'add_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'add_term_relationship', $object_id, $tt_id );
タクソノミーの関連付け情報を追加した後に'added_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'added_term_relationship', $object_id, $tt_id );
タクソノミーの関連付け情報を削除する前に'delete_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'delete_term_relationships', $object_id, $delete_terms );
タクソノミーの関連付け情報を削除した後に'deleted_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'deleted_term_relationships', $object_id, $delete_terms );
返り値を返す直前に'set_object_terms'アクションを呼び出す。
do_action( 'set_object_terms', $object_id, $terms, $tt_ids, $taxonomy, $append, $old_tt_ids );

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

最終更新日時 : 2013-08-08 15:33