wp_set_object_terms

(2.3.0以降)
wp_set_object_terms - 投稿情報などにタクソノミーを設定する

説明

mixed wp_set_object_terms( int $object_id, mixed $terms, mixed $taxonomy [ , bool $append = false ] )
投稿情報などにタクソノミーを設定する。

パラメータ

  • $object_id
    投稿情報などのIDを指定
  • $terms
    タームID、ターム名またはそれらの配列を指定
  • $taxonomy
    'category'や'post_tag'などのタクソノミー名またはその配列を指定
  • $append
    追加のみを行う場合はtrue、指定したタクソノミー以外を削除する場合はfalseを指定(省略時、false)

返り値

正しく設定できた場合はタームIDの配列を返す。設定できなかった場合は、エラー内容を示すWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

カスタム投稿タイプにカテゴリを設定する場合は、register_post_type関数による登録際、'taxonomies'プロパティに'category'を指定しておくこと。この指定がない場合は正しく動作しない。
wp_set_post_categories関数ではカテゴリーをIDまたはその配列で指定するが、このwp_set_object_terms関数は文字列で指定できるので、こちらのほうが便利かも。

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報に'ニュース'と'値下げ'のカテゴリーを設定する。
    <?php wp_set_object_terms( 10, array( 'ニュース', '値下げ' ), 'category' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

タクソノミーの関連付け情報を追加する前に'add_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'add_term_relationship', $object_id, $tt_id );
タクソノミーの関連付け情報を追加した後に'added_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'added_term_relationship', $object_id, $tt_id );
タクソノミーの関連付け情報を削除する前に'delete_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'delete_term_relationships', $object_id, $delete_terms );
タクソノミーの関連付け情報を削除した後に'deleted_term_relationship'アクションを呼び出す。
do_action( 'deleted_term_relationships', $object_id, $delete_terms );
返り値を返す直前に'set_object_terms'アクションを呼び出す。
do_action( 'set_object_terms', $object_id, $terms, $tt_ids, $taxonomy, $append, $old_tt_ids );

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

最終更新日時 : 2013-08-08 15:33