wp_set_post_categories

(2.1.0以降)
wp_set_post_categories - 投稿情報にカテゴリーを設定する

説明

mixed wp_set_post_categories( [ int $post_ID = 0 [ , array $post_categories = array() ] ] )
投稿情報にカテゴリーを設定する。

パラメータ

  • $post_ID
    投稿IDを指定。
  • $post_categories
    カテゴリーIDを配列で指定。

返り値

設定したカテゴリーIDの配列を返す。設定できなかった場合は、エラー内容を示すWP_Errorのオブジェクトを返す。

注意

指定したカテゴリーは投稿記事に設定された既存のカテゴリーをまるごと置き換えられる。追加したい場合はwp_set_object_terms関数を使用する。 なおパラメータ$post_categoriesにarray( '' )が指定された場合は、カテゴリーの設定は行わずにtrueを返す。

使用例

  • 投稿IDが100の投稿記事にカテゴリーIDが3のカテゴリーを設定する。
    <?php wp_set_post_categories( 100, array( 3 ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

最終更新日時 : 2012-07-05 14:37