wp_set_post_categories

(2.1.0以降)
wp_set_post_categories - 投稿情報にカテゴリーを設定する

説明

mixed wp_set_post_categories( [ int $post_ID = 0 [ , array $post_categories = array() ] ] )
投稿情報にカテゴリーを設定する。

パラメータ

  • $post_ID
    投稿IDを指定。
  • $post_categories
    カテゴリーIDを配列で指定。

返り値

設定したカテゴリーIDの配列を返す。設定できなかった場合は、エラー内容を示すWP_Errorのオブジェクトを返す。

注意

指定したカテゴリーは投稿記事に設定された既存のカテゴリーをまるごと置き換えられる。追加したい場合はwp_set_object_terms関数を使用する。 なおパラメータ$post_categoriesにarray( '' )が指定された場合は、カテゴリーの設定は行わずにtrueを返す。

使用例

  • 投稿IDが100の投稿記事にカテゴリーIDが3のカテゴリーを設定する。
    <?php wp_set_post_categories( 100, array( 3 ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

最終更新日時 : 2012-07-05 14:37