wp_set_post_terms

(2.8.0以降)
wp_set_post_terms - 投稿情報に投稿タグを設定する

説明

mixed wp_set_post_terms( [ int $post_id = 0 [ , mixed $tags = '' [ , string $taxonomy = 'post_tag' [ , bool $append = false ] ] ] ] )
投稿情報に投稿タグを設定する。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報のIDを指定(省略時は0)。
  • $tags
    投稿タグ(ターム)の文字列を指定(省略時は'')。複数指定する場合はカンマ(,)で区切るか、その配列を指定する。
  • $taxonomy
    タクソノミータイプを指定(省略時は'post_tag')。
  • $append
    投稿タグを追加する場合はtrue、設定する場合はfalseを指定(省略時はfalse)。

返り値

投稿タグを更新した場合は、それらのタームIDの配列を返す。更新できなかった場合はfalseまたはWP_Errorのオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$taxonomyに'post_tag'以外を指定することで、任意のカスタムタクソノミーに対応できると思われる。
パラメータ$tagsに複数のタクソノミーを追加する場合はカンマ(,)などで囲む。内部では$tagsをカンマ区切りで分割するが、分割を行う前段階として前後の空白文字とカンマは除外している。

使用例

  • IDが10の投稿情報に投稿タグ'Ultrabook'と'値下げ'を設定する。
    <?php wp_set_post_tags( 10, 'Ultrabook,値下げ' ); ?>
  • IDが10の投稿情報に投稿タグ'Ultrabook'を追加する。
    <?php wp_set_post_tags( 10, 'Ultrabook', 'post_tag', true ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2014-07-04 11:39