wp_signon

(2.5.0以降)
wp_signon - 認証処理を行う

説明

mixed wp_signon( [ array $credentials = array() [ , mixed $secure_cookie = '' ] ] )
認証処理を行う。

パラメータ

  • $credentials
    認証情報を連想配列で指定(省略時はarray())。連想配列の内容は次の通り。
    キーデータ型意味
    'user_login'stringログイン名
    'user_password'stringパスワード
    'remember'boolログイン情報を保持する場合はtrue
  • $secure_cookie
    セキュアクッキーを使用する場合はtrueを指定(省略時は'')。

返り値

認証できた場合はユーザー情報オブジェクトを返す。認証に失敗した場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$credentialsの省略時は$_POSTを参照するが、キー名が異なるので注意が必要である。

$credentialsのキー$_POSTのキー
'user_login''log'
'user_password''pwd'
'remember''rememberme'

パラメータ$secure_cookie省略時は、is_ssl関数の結果が適用される。

使用例

  • $_POSTパラメータで認証処理を行う。
    <?php wp_signon(); ?>
  • 連想配列を指定した$paramで認証処理を行う。
    <?php wp_signon( $param ); ?>

フィルター

[3.1.0]認証処理を行う(認証時のクッキーを出力する)前、'secure_signon_cookie'フィルターを実行する。パラメータ$secure_cookie$credentialsは省略時処理済みの値が格納されている。
$secure_cookie = apply_filters( 'secure_signon_cookie', $secure_cookie, $credentials );

アクション

[1.5.1]$credentialsの初期処理後、'wp_authenticate'アクションを実行する。パラメータは配列で、索引0の要素がログイン名のポインタ、索引1の要素がパスワードのポインタが格納されている。
do_action_ref_array( 'wp_authenticate', array( &$credentials['user_login'], &$credentials['user_password'] ) );
[1.5.0]認証したユーザー情報を返す前に'wp_login'を実行する。パラメータ$user_loginにはログイン名、$userにはユーザー情報オブジェクトが格納されている。
do_action( 'wp_login', $user_login, $user );

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

  • is_ssl - リクエストがSSLかどうか調べる

お勧めコンテンツ

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

最終更新日時 : 2014-07-24 13:43