wp_signon

(2.5.0以降)
wp_signon - 認証処理を行う

説明

mixed wp_signon( [ array $credentials = array() [ , mixed $secure_cookie = '' ] ] )
認証処理を行う。

パラメータ

  • $credentials
    認証情報を連想配列で指定(省略時はarray())。連想配列の内容は次の通り。
    キーデータ型意味
    'user_login'stringログイン名
    'user_password'stringパスワード
    'remember'boolログイン情報を保持する場合はtrue
  • $secure_cookie
    セキュアクッキーを使用する場合はtrueを指定(省略時は'')。

返り値

認証できた場合はユーザー情報オブジェクトを返す。認証に失敗した場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$credentialsの省略時は$_POSTを参照するが、キー名が異なるので注意が必要である。

$credentialsのキー$_POSTのキー
'user_login''log'
'user_password''pwd'
'remember''rememberme'

パラメータ$secure_cookie省略時は、is_ssl関数の結果が適用される。

使用例

  • $_POSTパラメータで認証処理を行う。
    <?php wp_signon(); ?>
  • 連想配列を指定した$paramで認証処理を行う。
    <?php wp_signon( $param ); ?>

フィルター

[3.1.0]認証処理を行う(認証時のクッキーを出力する)前、'secure_signon_cookie'フィルターを実行する。パラメータ$secure_cookie$credentialsは省略時処理済みの値が格納されている。
$secure_cookie = apply_filters( 'secure_signon_cookie', $secure_cookie, $credentials );

アクション

[1.5.1]$credentialsの初期処理後、'wp_authenticate'アクションを実行する。パラメータは配列で、索引0の要素がログイン名のポインタ、索引1の要素がパスワードのポインタが格納されている。
do_action_ref_array( 'wp_authenticate', array( &$credentials['user_login'], &$credentials['user_password'] ) );
[1.5.0]認証したユーザー情報を返す前に'wp_login'を実行する。パラメータ$user_loginにはログイン名、$userにはユーザー情報オブジェクトが格納されている。
do_action( 'wp_login', $user_login, $user );

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

  • is_ssl - リクエストがSSLかどうか調べる

お勧めコンテンツ

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

最終更新日時 : 2014-07-24 13:43