wp_signon

(2.5.0以降)
wp_signon - 認証処理を行う

説明

mixed wp_signon( [ array $credentials = array() [ , mixed $secure_cookie = '' ] ] )
認証処理を行う。

パラメータ

  • $credentials
    認証情報を連想配列で指定(省略時はarray())。連想配列の内容は次の通り。
    キーデータ型意味
    'user_login'stringログイン名
    'user_password'stringパスワード
    'remember'boolログイン情報を保持する場合はtrue
  • $secure_cookie
    セキュアクッキーを使用する場合はtrueを指定(省略時は'')。

返り値

認証できた場合はユーザー情報オブジェクトを返す。認証に失敗した場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

パラメータ$credentialsの省略時は$_POSTを参照するが、キー名が異なるので注意が必要である。

$credentialsのキー$_POSTのキー
'user_login''log'
'user_password''pwd'
'remember''rememberme'

パラメータ$secure_cookie省略時は、is_ssl関数の結果が適用される。

使用例

  • $_POSTパラメータで認証処理を行う。
    <?php wp_signon(); ?>
  • 連想配列を指定した$paramで認証処理を行う。
    <?php wp_signon( $param ); ?>

フィルター

[3.1.0]認証処理を行う(認証時のクッキーを出力する)前、'secure_signon_cookie'フィルターを実行する。パラメータ$secure_cookie$credentialsは省略時処理済みの値が格納されている。
$secure_cookie = apply_filters( 'secure_signon_cookie', $secure_cookie, $credentials );

アクション

[1.5.1]$credentialsの初期処理後、'wp_authenticate'アクションを実行する。パラメータは配列で、索引0の要素がログイン名のポインタ、索引1の要素がパスワードのポインタが格納されている。
do_action_ref_array( 'wp_authenticate', array( &$credentials['user_login'], &$credentials['user_password'] ) );
[1.5.0]認証したユーザー情報を返す前に'wp_login'を実行する。パラメータ$user_loginにはログイン名、$userにはユーザー情報オブジェクトが格納されている。
do_action( 'wp_login', $user_login, $user );

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

  • is_ssl - リクエストがSSLかどうか調べる

お勧めコンテンツ

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

最終更新日時 : 2014-07-24 13:43