wp_site_icon

(4.3.0以降)
wp_site_icon - サイトアイコンを表示する

説明

void wp_site_icon()
サイトアイコンを表示する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

サイトアイコンの登録・変更は、管理画面の「外観」-「カスタマイズ」-「サイト基本情報」で行う。サイトアイコンの画像情報そのものは投稿タイプがメディア('attachment')として、その投稿IDがオプション情報('site_icon')として保存される(マルチサイトではブログ別に指定)。

標準ではwp_headアクションとして登録されており、テーマから直接呼び出すことはまずないだろう。表示されるサイトアイコンのメタ要素は、標準では次の4つである。

<link rel="icon" href="http://localhost/wp-content/uploads/2015/08/siteicon-32x32.jpg" sizes="32x32" />
<link rel="icon" href="http://localhost/wp-content/uploads/2015/08/siteicon-192x192.jpg" sizes="192x192" />
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" href="http://localhost/wp-content/uploads/2015/08/siteicon-180x180.jpg">
<meta name="msapplication-TileImage" content="http://localhost/wp-content/uploads/2015/08/siteicon-270x270.jpg">

使用例

  • サイトアイコンを表示する。
    <?php wp_site_icon(); ?>

フィルター

[4.3.0]サイトアイコンのメタ要素を表示する前にsite_icon_meta_tagsフィルターを呼び出す。パラメータ$meta_tagsはサイトアイコンのメタ要素の配列が格納される。
$meta_tags = apply_filters( 'site_icon_meta_tags', $meta_tags );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

  • esc_url - URL文字列をクリーニングする
  • get_site_icon_url - サイトアイコンのURLを取得する
  • has_site_icon - サイトアイコンが設定済みか調べる
  • wp_head - wp_headアクションを実行する

お勧めコンテンツ

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

最終更新日時 : 2015-08-20 17:44