wp_site_icon

(4.3.0以降)
wp_site_icon - サイトアイコンを表示する

説明

void wp_site_icon()
サイトアイコンを表示する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

返り値はありません。

注意

サイトアイコンの登録・変更は、管理画面の「外観」-「カスタマイズ」-「サイト基本情報」で行う。サイトアイコンの画像情報そのものは投稿タイプがメディア('attachment')として、その投稿IDがオプション情報('site_icon')として保存される(マルチサイトではブログ別に指定)。

標準ではwp_headアクションとして登録されており、テーマから直接呼び出すことはまずないだろう。表示されるサイトアイコンのメタ要素は、標準では次の4つである。

<link rel="icon" href="http://localhost/wp-content/uploads/2015/08/siteicon-32x32.jpg" sizes="32x32" />
<link rel="icon" href="http://localhost/wp-content/uploads/2015/08/siteicon-192x192.jpg" sizes="192x192" />
<link rel="apple-touch-icon-precomposed" href="http://localhost/wp-content/uploads/2015/08/siteicon-180x180.jpg">
<meta name="msapplication-TileImage" content="http://localhost/wp-content/uploads/2015/08/siteicon-270x270.jpg">

使用例

  • サイトアイコンを表示する。
    <?php wp_site_icon(); ?>

フィルター

[4.3.0]サイトアイコンのメタ要素を表示する前にsite_icon_meta_tagsフィルターを呼び出す。パラメータ$meta_tagsはサイトアイコンのメタ要素の配列が格納される。
$meta_tags = apply_filters( 'site_icon_meta_tags', $meta_tags );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

  • esc_url - URL文字列をクリーニングする
  • get_site_icon_url - サイトアイコンのURLを取得する
  • has_site_icon - サイトアイコンが設定済みか調べる
  • wp_head - wp_headアクションを実行する

お勧めコンテンツ

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

最終更新日時 : 2015-08-20 17:44