wp_spaces_regexp

(4.0.0以降)
wp_spaces_regexp - 空白文字の正規表現パターンを取得する

説明

string wp_spaces_regexp( )
空白文字の正規表現パターンを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

空白文字の正規表現パターンを返す。

注意

標準の返り値は'[\r\n\t ]|\xC2\xA0| 'で、改行やタブを含む一般的な空白文字のほか、' 'およびその内部展開された文字('\xC2\xA0')も含まれている。

使用例

  • 空白文字の正規表現パターンを取得する。
    <?php $spaces = wp_spaces_regexp(); ?>

フィルター

[4.0.0]初回呼び出し時のみ'wp_spaces_regexp'フィルターを呼び出す。パラメータ$spacesには標準の空白文字の正規表現パターンを示す文字列となる。
$spaces = apply_filters( 'wp_spaces_regexp', $spaces );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

お勧めコンテンツ

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

最終更新日時 : 2014-09-05 10:43