wp_spaces_regexp

(4.0.0以降)
wp_spaces_regexp - 空白文字の正規表現パターンを取得する

説明

string wp_spaces_regexp( )
空白文字の正規表現パターンを取得する。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

空白文字の正規表現パターンを返す。

注意

標準の返り値は'[\r\n\t ]|\xC2\xA0| 'で、改行やタブを含む一般的な空白文字のほか、' 'およびその内部展開された文字('\xC2\xA0')も含まれている。

使用例

  • 空白文字の正規表現パターンを取得する。
    <?php $spaces = wp_spaces_regexp(); ?>

フィルター

[4.0.0]初回呼び出し時のみ'wp_spaces_regexp'フィルターを呼び出す。パラメータ$spacesには標準の空白文字の正規表現パターンを示す文字列となる。
$spaces = apply_filters( 'wp_spaces_regexp', $spaces );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

お勧めコンテンツ

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

最終更新日時 : 2014-09-05 10:43