wp_style_add_data

(3.6.0以降)
wp_style_add_data - CSSファイルにメタ情報を追加する

説明

bool wp_style_add_data( string $handle, string $key, mixed $value )
スクリプト(CSSファイル)にメタ情報を追加する。

パラメータ

  • $handle
    スクリプト名を指定。
  • $key
    メタ情報のキー名('conditional', 'rtl', and 'suffix', and 'alt', 'title'の何れか)を指定。
  • $value
    メタ情報の値を指定。

返り値

メタ情報を追加できた場合はtrueを、追加できなかった場合はfalseを返す。

注意

wp_enqueue_style関数で登録したスクリプト(CSSファイル)に対してメタ情報を追加する。
パラメータ$keyに'conditional'を指定した場合は、パラメタ$valueの値をメタ情報のif文になる。以下は新テーマTwenty Thirteenの例。
<!--[if lt IE 9]>
<link rel='stylesheet' id='twentythirteen-ie-css'  href='http://localhost/wp-content/themes/twentythirteen/css/ie.css?ver=2013-07-18' type='text/css' media='all' />
<![endif]-->

使用例

  • スクリプト'mytheme-ie'に'lt IE 9'のメタ情報を追加する。
    <?php
    wp_enqueue_style( 'mytheme-ie', get_template_directory_uri() . '/css/ie.css', array(), '1.00' );
    wp_style_add_data( 'mytheme-ie', 'conditional', 'lt IE 9' );
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.wp-styles.php

関連

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2013-08-10 13:09