wp_tag_cloud

(2.3.0以降)
wp_tag_cloud - タグクラウドを表示する

説明

mixed wp_tag_cloud( [ mixed $args = '' ] )
投稿ページのタグクラウドを$argsのecho値がtrue(format値が'array'以外)ならば表示する。echo値がtrue以外ならばタグ情報をformat値の形式で取得する。

パラメータ

  • $args
    表示条件を指定する文字列(または連想配列)。文字列の場合はname=valueの形式で指定し、複数の条件はname1=value1&name2=value2のように'&'の後に続ける。キーワードは次の通り。
    キーワード省略時の値意味
    smallest8最小の表示サイズ
    largest22最大の表示サイズ
    unit'pt'表示サイズの単位('pt'、'px'など)
    number45表示するタグの数
    format'flat'出力形式を指定('flat'、'array'、'list'など)
    orderby'name'タグのソート対象を指定('name'、'name'以外の場合は投稿件数が適用)
    order'ASC'タグのソート順を指定('ASC'(昇順)、'DESC'(降順)、'RAND'(ランダム)など)
    exclude''特定のタグを除外する場合に、それらのタグIDを指定
    include''タグを限定する場合に、それらのタグIDを指定
    link'view'リンク先を指定('view'、'edit')
    taxonomy'post_tag'タクソノミー種別を指定('post_tag')
    echotrue表示する場合は1、文字列として取得する場合は0
    show_count0[4.8.0]タグのついた投稿数を表示する場合は1またはtrue、表示しない場合は0またはfalse

返り値

パラメータ$argsにecho値がfalseかformat値が'array'の場合は、タグ情報を返す。それら以外の場合は何も返さない。

注意

format値が'array'の場合、echo値に関わらずタグ情報の配列が返る。

[4.8.0]パラメータにshow_countが追加され、1またはtrueの場合はタグ名の後にその投稿数を表示する。

使用例

  • 最小サイズが10ピクセル、最大サイズが20ピクセルのタグクラウドを表示する。
    <?php wp_tag_cloud('smallest=10&largest=20&unit=px'); ?>

フィルター

[2.3.0]表示または結果を返す前に'wp_tag_cloud'を呼び出す。パラメータ$returnには生成した表示内容が、$argsには本関数が受け取った内容に既定値補間した内容を追加したものがが格納されている。
$return = apply_filters( 'wp_tag_cloud', $return, $args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

関連

  • get_sidebar - テーマ内のsidebar.phpを読み込む

お勧めコンテンツ

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

最終更新日時 : 2017-06-12 09:27