wp_title_rss

(2.2.0以降)
wp_title_rss - フィード向けのページタイトルを出力する

説明

void wp_title_rss( [ string $sep = '»' ] )
フィード向けのページタイトルを出力する。

パラメータ

  • $sep
    区切り文字を指定(省略時は'»')。

返り値

返り値はありません。

注意

内部ではページタイトルをget_wp_title_rss関数(その内部ではwp_title関数を呼び出している)によって取得している。

フィードのタイトル部分は、本関数を呼び出す前にbloginfo_rss('name')を呼び出しており、フィードのタイトルを変更する場合はそちらも参照すること。

使用例

  • フィード向けのページタイトルを出力する。
    <?php wp_title_rss(); ?>
  • フィード向けのページタイトルを区切り文字'|'を指定して出力する。
    <?php wp_title_rss( '|' ); ?>

フィルター

ページタイトルを出力する直前に'wp_title_rss'フィルターを呼び出す。パラメータ$titleにはページタイトルが、$sepには本関数が受け取った値となる。
echo apply_filters( 'wp_title_rss', $title, $sep );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/feed.php

関連

  • bloginfo_rss - フィード向けのブログ情報を出力する
  • get_wp_title_rss - フィード向けのページタイトルを取得する
  • wp_title - ページタイトルを表示する

お勧めコンテンツ

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

最終更新日時 : 2014-04-10 13:01