wp_trash_post

(2.9.0以降)
wp_trash_post - 投稿情報をゴミ箱に入れる

説明

mixed wp_trash_post( [ int $post_id = 0 ] )
投稿情報をゴミ箱に入れる。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報IDを指定(省略時は0)。

返り値

ゴミ箱に入れた場合はその投稿情報を返す。投稿情報が見つからなかった場合はnull、すでにゴミ箱に入っている場合はfalseを返す。

注意

EMPTY_TRASH_DAYS(デフォルトは30)が0の場合、ゴミ箱には入れず、wp_delete_post関数を呼び出して投稿情報を削除する。

使用例

  • 投稿IDが10の投稿情報をゴミ箱に入れる。
    <?php wp_trash_post( 10 ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

ゴミ箱に入れる前、wp_trash_postアクションを実行する。
do_action('wp_trash_post', $post_id);
ゴミ箱に入れた後、trashed_postアクションを実行する。
do_action('trashed_post', $post_id);

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

最終更新日時 : 2012-09-13 22:51