wp_trim_words

説明

string wp_trim_words( string $text [ , int $num_words = 55 [ , string $more = null ] ] )
文字列を指定の長さに揃える。

パラメータ

  • $text
    長さを調整する文字列を指定。
  • $num_words
    単語数または文字の長さを指定(省略時は55)。
  • $more
    文字列の長さを調整した際に追加する文字列を指定(省略時はnull)。

返り値

長さを揃えた文字列を返す。

注意

パラメータ$moreが省略された場合、調整時に追加する文字列は'…'となる。

サイトの言語設定に応じて、単語数または文字数によって切り詰める。切り詰め方法を決定する条件は次の通りで、この条件を満たす場合は文字数で切り詰め、条件を満たさない場合は単語数で切り詰める。

if ( strpos( _x( 'words', 'Word count type. Do not translate!' ), 'characters' ) === 0 &&
	preg_match( '/^utf\-?8$/i', get_option( 'blog_charset' ) ) ) {

※日本語環境では _x関数で取得される内容は'characters_including_spaces'となっているため、文字列で切り詰めることになる。


使用例

  • 文字列の長さを50文字で揃える。
    <?php $trim_string = wp_trim_words( $text, 50 ); ?>
  • 文字列の長さを50文字で揃え、超過している場合は'…'を追加する。
    <?php $trim_string = wp_trim_words( $text, 50, '…' ); ?>

フィルター

調整した文字列を返す直前にwp_trim_wordsフィルターを呼び出す。パラメータ$textには調整後の文字列が渡る。
return apply_filters( 'wp_trim_words', $text, $num_words, $more, $original_text );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

最終更新 : 2020年04月28日 12:26



お勧め

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月14日 更新)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

Fotepo:プラグイン作ってみました(2019年9月19日 更新)

仕事柄、Chromeの「デベロッパーツール」を使ってページのフォントを変更することがある。そんな時、無効なフォント名を指定してしまったり、フォント名をまちがえることがあり、もう少しお手軽にできないかと思って作ったのが今回紹介するプラグイン「Fotepo」である。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 更新)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

Gutenbergエディターのフォントを変える(2018年10月16日 更新)

Gutenbergエディターを試していてしっくりこないのが、編集時とそれを投稿した際の見た目の違い。GutenbergエディターとテーマTwenty Seventeenとではまったく異なるタイプのフォントが適用されていることが大きな理由である。

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2018年5月27日 更新)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。