wp_trim_words

(3.3.0以降)
wp_trim_words - 文字列を指定の長さに揃える

説明

string wp_trim_words( string $text [ , int $num_words = 55 [ , string $more = null ] ] )
文字列を指定の長さに揃える。

パラメータ

  • $text
    長さを調整する文字列を指定。
  • $num_words
    文字の長さを指定(省略時は55)。
  • $more
    文字列の長さを調整した際に追加する文字列を指定(省略時はnull)。

返り値

長さを揃えた文字列を返す。

注意

パラメータ$moreが省略された場合、調整時に追加する文字列は'…'となる。

使用例

  • 文字列の長さを50文字で揃える。
    <?php $trim_string = wp_trim_words( $text, 50 ); ?>
  • 文字列の長さを50文字で揃え、超過している場合は'…'を追加する。
    <?php $trim_string = wp_trim_words( $text, 50, '…' ); ?>

フィルター

調整した文字列を返す直前にwp_trim_wordsフィルターを呼び出す。パラメータ$textには調整後の文字列が渡る。
return apply_filters( 'wp_trim_words', $text, $num_words, $more, $original_text );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

お勧めコンテンツ

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

最終更新日時 : 2011-12-20 17:29