wp_trim_words

(3.3.0以降)
wp_trim_words - 文字列を指定の長さに揃える

説明

string wp_trim_words( string $text [ , int $num_words = 55 [ , string $more = null ] ] )
文字列を指定の長さに揃える。

パラメータ

  • $text
    長さを調整する文字列を指定。
  • $num_words
    文字の長さを指定(省略時は55)。
  • $more
    文字列の長さを調整した際に追加する文字列を指定(省略時はnull)。

返り値

長さを揃えた文字列を返す。

注意

パラメータ$moreが省略された場合、調整時に追加する文字列は'…'となる。

使用例

  • 文字列の長さを50文字で揃える。
    <?php $trim_string = wp_trim_words( $text, 50 ); ?>
  • 文字列の長さを50文字で揃え、超過している場合は'…'を追加する。
    <?php $trim_string = wp_trim_words( $text, 50, '…' ); ?>

フィルター

調整した文字列を返す直前にwp_trim_wordsフィルターを呼び出す。パラメータ$textには調整後の文字列が渡る。
return apply_filters( 'wp_trim_words', $text, $num_words, $more, $original_text );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

お勧めコンテンツ

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

最終更新日時 : 2011-12-20 17:29