wp_unique_filename

(2.5.0以降)
wp_unique_filename - ユニークなファイル名を取得する

説明

string wp_unique_filename( string $dir, string $filename [ , mixed $unique_filename_callback = null ] )
ユニークなファイル名を取得する。

パラメータ

  • $dir
    ディレクトリ名を指定。
  • $filename
    ファイル名を指定。
  • $unique_filename_callback
    ユニークなファイル名を生成するコールバック関数を指定(省略時はnull)。

返り値

ユニークなファイル名を返す。

注意

パラメータ$unique_filename_callbackがnullでディレクトリに同名のファイルが存在する場合は、ファイル名の拡張子前に数字を追加したものを順に調べ、存在しなかった名前が返り値となる。例えば、パラメータ$filenameに'a.txt'が指定され、保存先のディレクトリに同名のファイルが存在する場合は、'a1.txt'、a2.txt'、a3.txt'の順にファイルが存在するか調べられる。

パラメータ$unique_filename_callbackに有効な関数が指定されている場合は、その関数の返り値が本関数の返り値となる。

使用例

  • ディレクトリ$pathにて'log20141127_123456.txt'のユニークなファイル名を取得する。
    <?php $filename = wp_unique_filename( $path, 'log20141127_123456.txt' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

最終更新日時 : 2014-11-27 15:38