wp_unique_filename

(2.5.0以降)
wp_unique_filename - ユニークなファイル名を取得する

説明

string wp_unique_filename( string $dir, string $filename [ , mixed $unique_filename_callback = null ] )
ユニークなファイル名を取得する。

パラメータ

  • $dir
    ディレクトリ名を指定。
  • $filename
    ファイル名を指定。
  • $unique_filename_callback
    ユニークなファイル名を生成するコールバック関数を指定(省略時はnull)。

返り値

ユニークなファイル名を返す。

注意

パラメータ$unique_filename_callbackがnullでディレクトリに同名のファイルが存在する場合は、ファイル名の拡張子前に数字を追加したものを順に調べ、存在しなかった名前が返り値となる。例えば、パラメータ$filenameに'a.txt'が指定され、保存先のディレクトリに同名のファイルが存在する場合は、'a1.txt'、a2.txt'、a3.txt'の順にファイルが存在するか調べられる。

パラメータ$unique_filename_callbackに有効な関数が指定されている場合は、その関数の返り値が本関数の返り値となる。

使用例

  • ディレクトリ$pathにて'log20141127_123456.txt'のユニークなファイル名を取得する。
    <?php $filename = wp_unique_filename( $path, 'log20141127_123456.txt' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

最終更新日時 : 2014-11-27 15:38