wp_unique_post_slug

(2.8.0以降)
wp_unique_post_slug - ユニークな投稿スラッグを取得する

説明

string wp_unique_post_slug( string $slug, int $post_ID, string $post_status, string $post_type, int $post_parent )
ユニークな投稿スラッグを取得する。

パラメータ

  • $slug
    サニタイズした投稿名を指定。
  • $post_ID
    投稿IDを指定。
  • $post_status
    投稿ステータスで指定。
  • $post_type
    投稿タイプを指定。
  • $post_parent
    親の投稿IDを指定(親がない場合は0)。

返り値

ユニークな投稿スラッグを返す。

注意

サイト全体でユニークとなる投稿スラッグ(同じ名前がすでにある場合は-1や-2のようなサフィックスが付く)を取得できるもので、通常はwp_insert_post関数内で呼ばれている。基本的に呼び出すことはなく、利用するなら'wp_unique_post_slug'フィルターだろう。
なお、パラメータ$post_statusが'draft'、'pending'、'auto-draft'のいずれかか、パラメータ$post_statusが'inherit'でパラメータ$post_typeが'revision'の場合はパラメータ$slugをすぐに返す(フィルターは呼び出されない)。

【重要】
'wp_unique_post_slug'フィルターを利用する場合は、その戻り値となるスラッグがURLエンコード(PHP urlencode関数など)して200文字を超えないようにすること。200文字を超えたスラッグを返した場合はその投稿情報は正しく保存されない(3.7.1で確認)。

使用例

  • $postからユニークな投稿スラッグを取得する。
    <?php $post_name = wp_unique_post_slug( sanitize_title( $post->post_title ), $post->ID, $post->post_status, $post->post_type, $post->post_parent ); ?>

フィルター

ユニークになった投稿スラッグを返す直前に'wp_unique_post_slug'フィルターを呼び出す。パラメータ$slugはユニークになった投稿スラッグ、$original_slugは本関数のパラメータ$slugの内容が格納される。
return apply_filters( 'wp_unique_post_slug', $slug, $post_ID, $post_status, $post_type, $post_parent, $original_slug );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

最終更新日時 : 2014-11-27 15:38