wp_unique_post_slug

(2.8.0以降)
wp_unique_post_slug - ユニークな投稿スラッグを取得する

説明

string wp_unique_post_slug( string $slug, int $post_ID, string $post_status, string $post_type, int $post_parent )
ユニークな投稿スラッグを取得する。

パラメータ

  • $slug
    サニタイズした投稿名を指定。
  • $post_ID
    投稿IDを指定。
  • $post_status
    投稿ステータスで指定。
  • $post_type
    投稿タイプを指定。
  • $post_parent
    親の投稿IDを指定(親がない場合は0)。

返り値

ユニークな投稿スラッグを返す。

注意

サイト全体でユニークとなる投稿スラッグ(同じ名前がすでにある場合は-1や-2のようなサフィックスが付く)を取得できるもので、通常はwp_insert_post関数内で呼ばれている。基本的に呼び出すことはなく、利用するなら'wp_unique_post_slug'フィルターだろう。
なお、パラメータ$post_statusが'draft'、'pending'、'auto-draft'のいずれかか、パラメータ$post_statusが'inherit'でパラメータ$post_typeが'revision'の場合はパラメータ$slugをすぐに返す(フィルターは呼び出されない)。

【重要】
'wp_unique_post_slug'フィルターを利用する場合は、その戻り値となるスラッグがURLエンコード(PHP urlencode関数など)して200文字を超えないようにすること。200文字を超えたスラッグを返した場合はその投稿情報は正しく保存されない(3.7.1で確認)。

使用例

  • $postからユニークな投稿スラッグを取得する。
    <?php $post_name = wp_unique_post_slug( sanitize_title( $post->post_title ), $post->ID, $post->post_status, $post->post_type, $post->post_parent ); ?>

フィルター

ユニークになった投稿スラッグを返す直前に'wp_unique_post_slug'フィルターを呼び出す。パラメータ$slugはユニークになった投稿スラッグ、$original_slugは本関数のパラメータ$slugの内容が格納される。
return apply_filters( 'wp_unique_post_slug', $slug, $post_ID, $post_status, $post_type, $post_parent, $original_slug );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

最終更新日時 : 2014-11-27 15:38