wp_unique_post_slug

(2.8.0以降)
wp_unique_post_slug - ユニークな投稿スラッグを取得する

説明

string wp_unique_post_slug( string $slug, int $post_ID, string $post_status, string $post_type, int $post_parent )
ユニークな投稿スラッグを取得する。

パラメータ

  • $slug
    サニタイズした投稿名を指定。
  • $post_ID
    投稿IDを指定。
  • $post_status
    投稿ステータスで指定。
  • $post_type
    投稿タイプを指定。
  • $post_parent
    親の投稿IDを指定(親がない場合は0)。

返り値

ユニークな投稿スラッグを返す。

注意

サイト全体でユニークとなる投稿スラッグ(同じ名前がすでにある場合は-1や-2のようなサフィックスが付く)を取得できるもので、通常はwp_insert_post関数内で呼ばれている。基本的に呼び出すことはなく、利用するなら'wp_unique_post_slug'フィルターだろう。
なお、パラメータ$post_statusが'draft'、'pending'、'auto-draft'のいずれかか、パラメータ$post_statusが'inherit'でパラメータ$post_typeが'revision'の場合はパラメータ$slugをすぐに返す(フィルターは呼び出されない)。

【重要】
'wp_unique_post_slug'フィルターを利用する場合は、その戻り値となるスラッグがURLエンコード(PHP urlencode関数など)して200文字を超えないようにすること。200文字を超えたスラッグを返した場合はその投稿情報は正しく保存されない(3.7.1で確認)。

使用例

  • $postからユニークな投稿スラッグを取得する。
    <?php $post_name = wp_unique_post_slug( sanitize_title( $post->post_title ), $post->ID, $post->post_status, $post->post_type, $post->post_parent ); ?>

フィルター

ユニークになった投稿スラッグを返す直前に'wp_unique_post_slug'フィルターを呼び出す。パラメータ$slugはユニークになった投稿スラッグ、$original_slugは本関数のパラメータ$slugの内容が格納される。
return apply_filters( 'wp_unique_post_slug', $slug, $post_ID, $post_status, $post_type, $post_parent, $original_slug );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

最終更新日時 : 2014-11-27 15:38