wp_unique_post_slug

(2.8.0以降)
wp_unique_post_slug - ユニークな投稿スラッグを取得する

説明

string wp_unique_post_slug( string $slug, int $post_ID, string $post_status, string $post_type, int $post_parent )
ユニークな投稿スラッグを取得する。

パラメータ

  • $slug
    サニタイズした投稿名を指定。
  • $post_ID
    投稿IDを指定。
  • $post_status
    投稿ステータスで指定。
  • $post_type
    投稿タイプを指定。
  • $post_parent
    親の投稿IDを指定(親がない場合は0)。

返り値

ユニークな投稿スラッグを返す。

注意

サイト全体でユニークとなる投稿スラッグ(同じ名前がすでにある場合は-1や-2のようなサフィックスが付く)を取得できるもので、通常はwp_insert_post関数内で呼ばれている。基本的に呼び出すことはなく、利用するなら'wp_unique_post_slug'フィルターだろう。
なお、パラメータ$post_statusが'draft'、'pending'、'auto-draft'のいずれかか、パラメータ$post_statusが'inherit'でパラメータ$post_typeが'revision'の場合はパラメータ$slugをすぐに返す(フィルターは呼び出されない)。

【重要】
'wp_unique_post_slug'フィルターを利用する場合は、その戻り値となるスラッグがURLエンコード(PHP urlencode関数など)して200文字を超えないようにすること。200文字を超えたスラッグを返した場合はその投稿情報は正しく保存されない(3.7.1で確認)。

使用例

  • $postからユニークな投稿スラッグを取得する。
    <?php $post_name = wp_unique_post_slug( sanitize_title( $post->post_title ), $post->ID, $post->post_status, $post->post_type, $post->post_parent ); ?>

フィルター

ユニークになった投稿スラッグを返す直前に'wp_unique_post_slug'フィルターを呼び出す。パラメータ$slugはユニークになった投稿スラッグ、$original_slugは本関数のパラメータ$slugの内容が格納される。
return apply_filters( 'wp_unique_post_slug', $slug, $post_ID, $post_status, $post_type, $post_parent, $original_slug );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

最終更新日時 : 2014-11-27 15:38