wp_unschedule_event

(2.1.0以降)
wp_unschedule_event - 登録済みのアクションをスケジュールから外す

説明

void wp_unschedule_event( int $timestamp, string $hook [ , array $args = array() ] )
登録済みのアクションをスケジュールから外す。

パラメータ

  • $timestamp
    実行時間(GMT時刻)を指定。
  • $hook
    アクション名を指定。
  • $args
    スケジュールのパラメータを配列で指定(省略時はarray())。

返り値

返り値はありません(一致するアクションがなくてもエラーにならない)。

注意

アクションパラメータの$argsを指定して登録したアクションを取り消す場合は、同じ内容を指定しないとスケジュールから外せない($argsを省略すると取り消しできない)。

使用例

  • アクション名'schedule_delayed_action'のアクションを取り消す。
    <?php wp_unschedule_event( $time, 'schedule_delayed_action', array( 'hello world.' ) ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/cron.php

関連

  • wp_next_scheduled - スケジュールに登録されているアクションの実行時間を取得する
  • wp_schedule_single_event - 一度だけ実行するアクションをスケジュールに登録する

お勧めコンテンツ

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

最終更新日時 : 2014-05-26 09:57