wp_unschedule_event

(2.1.0以降)
wp_unschedule_event - 登録済みのアクションをスケジュールから外す

説明

void wp_unschedule_event( int $timestamp, string $hook [ , array $args = array() ] )
登録済みのアクションをスケジュールから外す。

パラメータ

  • $timestamp
    実行時間(GMT時刻)を指定。
  • $hook
    アクション名を指定。
  • $args
    スケジュールのパラメータを配列で指定(省略時はarray())。

返り値

返り値はありません(一致するアクションがなくてもエラーにならない)。

注意

アクションパラメータの$argsを指定して登録したアクションを取り消す場合は、同じ内容を指定しないとスケジュールから外せない($argsを省略すると取り消しできない)。

使用例

  • アクション名'schedule_delayed_action'のアクションを取り消す。
    <?php wp_unschedule_event( $time, 'schedule_delayed_action', array( 'hello world.' ) ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/cron.php

関連

  • wp_next_scheduled - スケジュールに登録されているアクションの実行時間を取得する
  • wp_schedule_single_event - 一度だけ実行するアクションをスケジュールに登録する

お勧めコンテンツ

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

最終更新日時 : 2014-05-26 09:57