wp_unslash

(3.6.0以降)
wp_unslash - クォートされた文字列のクォート部分を取り除く

説明

mixed wp_unslash( mixed $value )
スラッシュでクォートされた文字列のクォート部分を取り除く。

パラメータ

  • $value
    スラッシュでクォートされた文字列または文字列の格納された配列を指定。

返り値

スラッシュでクォートされた文字列のクォート部分を取り除いた文字列または配列を返す。

注意

stripslashes_deep関数のエイリアスで、wp_slash関数と真逆の機能。基本的にPHPのstripslashes関数を利用し、配列内の文字列すべてからクォート部分を取り除くことができる。

使用例

  • 変数$varsのクォートされた文字列のクォート部分を取り除く。
    <?php $vars = wp_unslash( $vars ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • wp_get_raw_referer - バリデーションしていないリファラーを取得する
  • wp_slash - スラッシュでクォートする

お勧めコンテンツ

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

最終更新日時 : 2016-04-22 16:05