wp_unslash

(3.6.0以降)
wp_unslash - クォートされた文字列のクォート部分を取り除く

説明

mixed wp_unslash( mixed $value )
スラッシュでクォートされた文字列のクォート部分を取り除く。

パラメータ

  • $value
    スラッシュでクォートされた文字列または文字列の格納された配列を指定。

返り値

スラッシュでクォートされた文字列のクォート部分を取り除いた文字列または配列を返す。

注意

stripslashes_deep関数のエイリアスで、wp_slash関数と真逆の機能。基本的にPHPのstripslashes関数を利用し、配列内の文字列すべてからクォート部分を取り除くことができる。

使用例

  • 変数$varsのクォートされた文字列のクォート部分を取り除く。
    <?php $vars = wp_unslash( $vars ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • wp_get_raw_referer - バリデーションしていないリファラーを取得する
  • wp_slash - スラッシュでクォートする

お勧めコンテンツ

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

最終更新日時 : 2016-04-22 16:05