wp_unslash

(3.6.0以降)
wp_unslash - クォートされた文字列のクォート部分を取り除く

説明

mixed wp_unslash( mixed $value )
スラッシュでクォートされた文字列のクォート部分を取り除く。

パラメータ

  • $value
    スラッシュでクォートされた文字列または文字列の格納された配列を指定。

返り値

スラッシュでクォートされた文字列のクォート部分を取り除いた文字列または配列を返す。

注意

stripslashes_deep関数のエイリアスで、wp_slash関数と真逆の機能。基本的にPHPのstripslashes関数を利用し、配列内の文字列すべてからクォート部分を取り除くことができる。

使用例

  • 変数$varsのクォートされた文字列のクォート部分を取り除く。
    <?php $vars = wp_unslash( $vars ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • wp_get_raw_referer - バリデーションしていないリファラーを取得する
  • wp_slash - スラッシュでクォートする

お勧めコンテンツ

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

最終更新日時 : 2016-04-22 16:05