wp_update_user

(2.0.0以降)
wp_update_user - ユーザ情報を更新する

説明

mixed wp_update_user( mixed $userdata )
ユーザ情報を更新する。

パラメータ

  • $userdata
    ユーザ情報をオブジェクト(WP_User、stdClass)または連想配列で指定。

返り値

ユーザ情報を更新した場合はユーザIDを、更新できなかった場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

実質的なユーザ情報の更新処理はwp_insert_user関数で行っているが、パスワードのハッシュ化は新規登録の場合しか行われないので、既存ユーザのパスワード更新を行う場合は本関数を使用する。

使用例

  • ユーザguestのパスワードを'guestpass'に更新する。
    <?php
    $guest = get_user_by( 'login', 'guest' );
    $guest->user_pass = 'guestpass';
    wp_update_user( $guest );
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

最終更新日時 : 2014-05-20 09:32