wp_update_user

(2.0.0以降)
wp_update_user - ユーザ情報を更新する

説明

mixed wp_update_user( mixed $userdata )
ユーザ情報を更新する。

パラメータ

  • $userdata
    ユーザ情報をオブジェクト(WP_User、stdClass)または連想配列で指定。

返り値

ユーザ情報を更新した場合はユーザIDを、更新できなかった場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

実質的なユーザ情報の更新処理はwp_insert_user関数で行っているが、パスワードのハッシュ化は新規登録の場合しか行われないので、既存ユーザのパスワード更新を行う場合は本関数を使用する。

使用例

  • ユーザguestのパスワードを'guestpass'に更新する。
    <?php
    $guest = get_user_by( 'login', 'guest' );
    $guest->user_pass = 'guestpass';
    wp_update_user( $guest );
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

最終更新日時 : 2014-05-20 09:32