wp_update_user

(2.0.0以降)
wp_update_user - ユーザ情報を更新する

説明

mixed wp_update_user( mixed $userdata )
ユーザ情報を更新する。

パラメータ

  • $userdata
    ユーザ情報をオブジェクト(WP_User、stdClass)または連想配列で指定。

返り値

ユーザ情報を更新した場合はユーザIDを、更新できなかった場合はWP_Errorオブジェクトを返す。

注意

実質的なユーザ情報の更新処理はwp_insert_user関数で行っているが、パスワードのハッシュ化は新規登録の場合しか行われないので、既存ユーザのパスワード更新を行う場合は本関数を使用する。

使用例

  • ユーザguestのパスワードを'guestpass'に更新する。
    <?php
    $guest = get_user_by( 'login', 'guest' );
    $guest->user_pass = 'guestpass';
    wp_update_user( $guest );
    ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/user.php

関連

お勧めコンテンツ

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

最終更新日時 : 2014-05-20 09:32