wp_upload_bits

(2.0.0以降)
wp_upload_bits - データをアップロードファイルとして保存する

説明

array wp_upload_bits( string $name, null $deprecated, mixed $bits [ , string $time = null ] )
データをアップロードファイルとして保存する。

パラメータ

  • $name
    ファイル名を指定。
  • $deprecated
    必ずnullを指定。
  • $bits
    保存するデータを指定。
  • $time
    保存先のサブディレクトリ(yyyy/mm)を指定(省略時はnull)。

返り値

アップロード結果を格納した連想配列を返す。正しく保存できた場合はキー'error'の値にfalseが、保存に失敗した場合はその理由のテキストが格納され、キー'file'や'url'の値は存在しない。
キー内容
'file'アップロードファイルのフルパス名
'url'アップロードファイルのURL
'error'エラー内容(保存できた場合はfalse)

注意

この関数はあくまでもデータをアップロード先ディレクトリに保存するだけで、メディア(attachment)として登録されるわけではない。

アップロード先に同名のファイルが存在する場合は、ファイル名の拡張子前に数字を追加して重複しないようになるため、保存されるファイル名はパラメータ$nameと異なる場合がある。例えば、パラメータ$nameに'a.txt'が指定され、保存先のディレクトリに同名のファイルが存在する場合は、'a1.txt'、a2.txt'、a3.txt'の順にファイルが存在するか調べ、存在しなかった名前が最終的なファイル名となる。

アップロードしたファイルのステータスは、アップロード先ディレクトリのステータスに依存する。

使用例

  • データ$dataをファイル名'log20141127_123456.txt'で保存する。
    <?php
    $upload = wp_upload_bits( 'log20141127_123456.txt', null, $data );
    if ( empty( $upload['error'] ) ) {
    	// アップロード成功時の処理
    }
    ?>
  • データ$dataを2014年9月のディレクトリにファイル名'log20141127_123456.txt'で保存する。
    <?php $upload = wp_upload_bits( 'log20141127_123456.txt', null, $data, '2014/09' ); ?>

フィルター

[3.0.0]アップロード先ディレクトリを確認した後に'wp_upload_bits'フィルターを呼び出す。パラメータ$argsは本関数が受け取った$name$bits$timeが格納された連想配列となる。
$upload_bits_error = apply_filters( 'wp_upload_bits', $args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

最終更新日時 : 2014-11-27 14:47