wp_upload_bits

説明

array wp_upload_bits( string $name, null $deprecated, mixed $bits [ , string $time = null ] )
データをアップロードファイルとして保存する。

パラメータ

  • $name
    ファイル名を指定。
  • $deprecated
    必ずnullを指定。
  • $bits
    保存するデータを指定。
  • $time
    保存先のサブディレクトリ(yyyy/mm)を指定(省略時はnull)。

返り値

アップロード結果を格納した連想配列を返す。正しく保存できた場合はキー'error'の値にfalseが、保存に失敗した場合はその理由のテキストが格納され、キー'file'や'url'の値は存在しない。
キー内容
'file'アップロードファイルのフルパス名
'url'アップロードファイルのURL
'error'エラー内容(保存できた場合はfalse)

注意

この関数はあくまでもデータをアップロード先ディレクトリに保存するだけで、メディア(attachment)として登録されるわけではない。

アップロード先に同名のファイルが存在する場合は、ファイル名の拡張子前に数字を追加して重複しないようになるため、保存されるファイル名はパラメータ$nameと異なる場合がある。例えば、パラメータ$nameに'a.txt'が指定され、保存先のディレクトリに同名のファイルが存在する場合は、'a1.txt'、a2.txt'、a3.txt'の順にファイルが存在するか調べ、存在しなかった名前が最終的なファイル名となる。

アップロードしたファイルのステータスは、アップロード先ディレクトリのステータスに依存する。


使用例

  • データ$dataをファイル名'log20141127_123456.txt'で保存する。
    <?php
    $upload = wp_upload_bits( 'log20141127_123456.txt', null, $data );
    if ( empty( $upload['error'] ) ) {
    	// アップロード成功時の処理
    }
    ?>
  • データ$dataを2014年9月のディレクトリにファイル名'log20141127_123456.txt'で保存する。
    <?php $upload = wp_upload_bits( 'log20141127_123456.txt', null, $data, '2014/09' ); ?>

フィルター

[3.0.0]アップロード先ディレクトリを確認した後に'wp_upload_bits'フィルターを呼び出す。パラメータ$argsは本関数が受け取った$name$bits$timeが格納された連想配列となる。
$upload_bits_error = apply_filters( 'wp_upload_bits', $args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:46



お勧め

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 更新)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 更新)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、 query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

フォーム内のエスケープ処理を考える(2018年10月19日 更新)

WordPressにはエスケープ処理を行う esc_html関数と esc_attr関数がある。HTML要素(タグ)の属性値ならesc_attr関数を、それ以外はesc_html関数を使うことがほとんどだが、今回esc_html関数が適していないと思われるケースに遭遇した。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 更新)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

classic editorプラグインを試してみた(2018年12月10日 更新)

WordPress 5.0 beta1のリリースにあわせて旧エディター環境を実現できる「classic editor」(バージョン0.5.0)が公開された。自分が公開しているプラグインの一部が旧エディター環境に依存していることもあり、さっそく試してみた。WordPress 5.0正式リリースに合わせてclassic editorも1.0がリリースされたので、それについて追記しました。