wp_upload_bits

説明

array wp_upload_bits( string $name, null $deprecated, mixed $bits [ , string $time = null ] )
データをアップロードファイルとして保存する。

パラメータ

  • $name
    ファイル名を指定。
  • $deprecated
    必ずnullを指定。
  • $bits
    保存するデータを指定。
  • $time
    保存先のサブディレクトリ(yyyy/mm)を指定(省略時はnull)。

返り値

アップロード結果を格納した連想配列を返す。正しく保存できた場合はキー'error'の値にfalseが、保存に失敗した場合はその理由のテキストが格納され、キー'file'や'url'の値は存在しない。
キー内容
'file'アップロードファイルのフルパス名
'url'アップロードファイルのURL
'error'エラー内容(保存できた場合はfalse)

注意

この関数はあくまでもデータをアップロード先ディレクトリに保存するだけで、メディア(attachment)として登録されるわけではない。

アップロード先に同名のファイルが存在する場合は、ファイル名の拡張子前に数字を追加して重複しないようになるため、保存されるファイル名はパラメータ$nameと異なる場合がある。例えば、パラメータ$nameに'a.txt'が指定され、保存先のディレクトリに同名のファイルが存在する場合は、'a1.txt'、a2.txt'、a3.txt'の順にファイルが存在するか調べ、存在しなかった名前が最終的なファイル名となる。

アップロードしたファイルのステータスは、アップロード先ディレクトリのステータスに依存する。


使用例

  • データ$dataをファイル名'log20141127_123456.txt'で保存する。
    <?php
    $upload = wp_upload_bits( 'log20141127_123456.txt', null, $data );
    if ( empty( $upload['error'] ) ) {
    	// アップロード成功時の処理
    }
    ?>
  • データ$dataを2014年9月のディレクトリにファイル名'log20141127_123456.txt'で保存する。
    <?php $upload = wp_upload_bits( 'log20141127_123456.txt', null, $data, '2014/09' ); ?>

フィルター

[3.0.0]アップロード先ディレクトリを確認した後に'wp_upload_bits'フィルターを呼び出す。パラメータ$argsは本関数が受け取った$name$bits$timeが格納された連想配列となる。
$upload_bits_error = apply_filters( 'wp_upload_bits', $args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:46



お勧め

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2018年8月21日 更新)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 更新)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

5.3の新機能:日付とタイムゾーン(2019年10月2日 更新)

WordPress 5.3 Beta 1」に記載されていた「Time/Date component fixes」という見出し。開発者向として新しい関数の追加や多くのバグが修正されたとなっており、チェックせざるを得ない。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2018年5月27日 更新)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2018年5月27日 更新)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。