wp_upload_bits

説明

array wp_upload_bits( string $name, null $deprecated, mixed $bits [ , string $time = null ] )
データをアップロードファイルとして保存する。

パラメータ

  • $name
    ファイル名を指定。
  • $deprecated
    必ずnullを指定。
  • $bits
    保存するデータを指定。
  • $time
    保存先のサブディレクトリ(yyyy/mm)を指定(省略時はnull)。

返り値

アップロード結果を格納した連想配列を返す。正しく保存できた場合はキー'error'の値にfalseが、保存に失敗した場合はその理由のテキストが格納され、キー'file'や'url'の値は存在しない。
キー内容
'file'アップロードファイルのフルパス名
'url'アップロードファイルのURL
'error'エラー内容(保存できた場合はfalse)

注意

この関数はあくまでもデータをアップロード先ディレクトリに保存するだけで、メディア(attachment)として登録されるわけではない。

アップロード先に同名のファイルが存在する場合は、ファイル名の拡張子前に数字を追加して重複しないようになるため、保存されるファイル名はパラメータ$nameと異なる場合がある。例えば、パラメータ$nameに'a.txt'が指定され、保存先のディレクトリに同名のファイルが存在する場合は、'a1.txt'、a2.txt'、a3.txt'の順にファイルが存在するか調べ、存在しなかった名前が最終的なファイル名となる。

アップロードしたファイルのステータスは、アップロード先ディレクトリのステータスに依存する。


使用例

  • データ$dataをファイル名'log20141127_123456.txt'で保存する。
    <?php
    $upload = wp_upload_bits( 'log20141127_123456.txt', null, $data );
    if ( empty( $upload['error'] ) ) {
    	// アップロード成功時の処理
    }
    ?>
  • データ$dataを2014年9月のディレクトリにファイル名'log20141127_123456.txt'で保存する。
    <?php $upload = wp_upload_bits( 'log20141127_123456.txt', null, $data, '2014/09' ); ?>

フィルター

[3.0.0]アップロード先ディレクトリを確認した後に'wp_upload_bits'フィルターを呼び出す。パラメータ$argsは本関数が受け取った$name$bits$timeが格納された連想配列となる。
$upload_bits_error = apply_filters( 'wp_upload_bits', $args );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:46



お勧め

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2021年4月28日 更新)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 更新)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

oEmbedについて考えてみた(2018年5月27日 更新)

本サイト向けにテーマをリニューアルしようと思い一から作っている最中、ふと生成されているHTMLの中にあるoEmbedの記述が目についた。「この記述いつからだっけ」くらいに思いながらリンク先を開き、ちょっとモヤモヤしてしまった。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 更新)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 更新)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。