wp_upload_dir

説明

array wp_upload_dir( [ string $time = null [ , bool $create_dir = true [ , bool $refresh_cache = false ] ] ] )
アップロードディレクトリ(パス名)を取得する。

パラメータ

  • $time
    年月を'yyyy/mm'の書式で指定(省略時はnull)。
  • $create_dir
    [4.5.0]存在しないディレクトリを作成する場合はtrueを指定(省略時はtrue)。
  • $refresh_cache
    [4.5.0]キャッシュを更新する場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

アップロードパスを格納した連想配列を返す。配列の内容は次の通り。
キー名意味値の例
pathアップロード先のフルパス名C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\htdocs\wp/wp-content/uploads/2011/04
urlアップロード先のURLhttp://localhost/wp/wp-content/uploads/2011/04
subdirベースディレクトリからのサブディレクトリ名/2011/04
basedirアップロード先ペースディレクトリのパス名C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\htdocs\wp/wp-content/uploads
baseurlアップロード先ペースディレクトリのURLhttp://localhost/wp/wp-content/uploads
errorエラーfalse
※値の例は、Windows環境のもの。

注意

パラメータ$timeを省略した場合は、その時点の日付に基づいたアップロードパスを取得できる。最新(3.1.1)のWordPressのアップロードディレクトリは、デフォルトで年月ベースのディレクトリに整理するようになっており、その年月ペースの部分が連想配列subdirの値となる。この設定は管理者ページの「設定」-「メディア」で確認・変更することができ、プログラムからは get_option( 'uploads_use_yearmonth_folders' )で確認できる。
なおディレクトリが存在しない場合、それらのサブディレクトリを作成するが、作成に失敗した場合には配列のerrorの値にメッセージ(文字列)が格納されるようになっている。

使用例

  • 現在のアップロードディレクトリ(パス名)を取得する。
    <?php $upload_dir = wp_upload_dir(); ?>
  • 2011年3月のアップロードディレクトリを取得する。
    <?php $upload_dir = wp_upload_dir( '2011/03' ); ?>

フィルター

[2.0.0]アップロードディレクトリを作成を試す前に'upload_dir'フィルターを呼び出す。パラメータ$uploadsは返り値となるディレクトリ情報の連想配列となる。
$uploads = apply_filters( 'upload_dir', $uploads );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2018年05月27日 10:53



お勧め

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年10月16日 更新)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

5.3の機能強化:ナビゲーションにaria-label属性が追加される(2019年9月26日 更新)

先日「WordPress 5.3 Beta 1」が投稿され、アップデート内容は多い感じ。さっそく開発環境にインストールしてみると、管理画面全体の見た目が変わり、ブロックエディターが進化した印象である。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 更新)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

初期化に関連するアクションのおさらい(2013年11月27日 更新)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2018年5月27日 更新)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「 wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。