wp_upload_dir

(2.0.0以降)
wp_upload_dir - アップロードディレクトリ(パス名)を取得する

説明

array wp_upload_dir( [ string $time = null [ , bool $create_dir = true [ , bool $refresh_cache = false ] ] ] )
アップロードディレクトリ(パス名)を取得する。

パラメータ

  • $time
    年月を'yyyy/mm'の書式で指定(省略時はnull)。
  • $create_dir
    [4.5.0]存在しないディレクトリを作成する場合はtrueを指定(省略時はtrue)。
  • $refresh_cache
    [4.5.0]キャッシュを更新する場合はtrueを指定(省略時はfalse)。

返り値

アップロードパスを格納した連想配列を返す。配列の内容は次の通り。
キー名意味値の例
pathアップロード先のフルパス名C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\htdocs\wp/wp-content/uploads/2011/04
urlアップロード先のURLhttp://localhost/wp/wp-content/uploads/2011/04
subdirベースディレクトリからのサブディレクトリ名/2011/04
basedirアップロード先ペースディレクトリのパス名C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\htdocs\wp/wp-content/uploads
baseurlアップロード先ペースディレクトリのURLhttp://localhost/wp/wp-content/uploads
errorエラーfalse
※値の例は、Windows環境のもの。

注意

パラメータ$timeを省略した場合は、その時点の日付に基づいたアップロードパスを取得できる。最新(3.1.1)のWordPressのアップロードディレクトリは、デフォルトで年月ベースのディレクトリに整理するようになっており、その年月ペースの部分が連想配列subdirの値となる。この設定は管理者ページの「設定」-「メディア」で確認・変更することができ、プログラムからはget_option( 'uploads_use_yearmonth_folders' )で確認できる。
なおディレクトリが存在しない場合、それらのサブディレクトリを作成するが、作成に失敗した場合には配列のerrorの値にメッセージ(文字列)が格納されるようになっている。

使用例

  • 現在のアップロードディレクトリ(パス名)を取得する。
    <?php $upload_dir = wp_upload_dir(); ?>
  • 2011年3月のアップロードディレクトリを取得する。
    <?php $upload_dir = wp_upload_dir( '2011/03' ); ?>

フィルター

[2.0.0]アップロードディレクトリを作成を試す前に'upload_dir'フィルターを呼び出す。パラメータ$uploadsは返り値となるディレクトリ情報の連想配列となる。
$uploads = apply_filters( 'upload_dir', $uploads );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2016-04-22 16:52