wp_validate_redirect

(2.8.1以降)
wp_validate_redirect - URLがリダイレクト先として有効か調べる

説明

string wp_validate_redirect( string $locaution [ , string $default = '' ] )
URLがリダイレクト先として有効か調べる。

パラメータ

  • $locaution
    リダイレクト先のURLを指定。
  • $default
    無効な場合のURLを指定(省略時は'')。

返り値

パラメータ$locautionが有効なURLの場合はそれを返す。無効な場合(スキーマが'http'または'https'以外か、ホスト名が指定されていない場合を含む)はパラメータ$defaultの値を返す。

注意

パラメータ$locautionが'//'ではじまっている場合、先頭に'http:'が挿入される。

使用例

  • $urlが有効か調べる。
    <?php $url = wp_validate_redirect( $url, admin_url() ); ?>

フィルター

パラメータ$locautionにスキーマ、ホスト名が設定されている場合、allowed_redirect_hostsフィルターが実行される。$home_hostにはhome_url関数で取得できるホームURLのホスト名を含んだ配列が、$locaution_hostにはパラメータ$locautionのホスト名が格納される。
$allowed_hosts = (array) apply_filters( 'allowed_redirect_hosts', $home_host, $locaution_host );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

最終更新日時 : 2016-04-22 16:05