wp_validate_redirect

(2.8.1以降)
wp_validate_redirect - URLがリダイレクト先として有効か調べる

説明

string wp_validate_redirect( string $locaution [ , string $default = '' ] )
URLがリダイレクト先として有効か調べる。

パラメータ

  • $locaution
    リダイレクト先のURLを指定。
  • $default
    無効な場合のURLを指定(省略時は'')。

返り値

パラメータ$locautionが有効なURLの場合はそれを返す。無効な場合(スキーマが'http'または'https'以外か、ホスト名が指定されていない場合を含む)はパラメータ$defaultの値を返す。

注意

パラメータ$locautionが'//'ではじまっている場合、先頭に'http:'が挿入される。

使用例

  • $urlが有効か調べる。
    <?php $url = wp_validate_redirect( $url, admin_url() ); ?>

フィルター

パラメータ$locautionにスキーマ、ホスト名が設定されている場合、allowed_redirect_hostsフィルターが実行される。$home_hostにはhome_url関数で取得できるホームURLのホスト名を含んだ配列が、$locaution_hostにはパラメータ$locautionのホスト名が格納される。
$allowed_hosts = (array) apply_filters( 'allowed_redirect_hosts', $home_host, $locaution_host );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/pluggable.php

関連

お勧めコンテンツ

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

最終更新日時 : 2016-04-22 16:05