wpautop

(0.71以降)
wpautop - pタグ、brタグを整頓する

説明

string wpautop( string $pee [ , bool $br = true ] )
pタグ、brタグを整頓する。

パラメータ

  • $pee
    コンテントを指定。
  • $br
    改行をbrタグに変換する場合はtrue、変換しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

pタグ、brタグを整頓した文字列を返す。

注意

標準では、投稿内容を表示するthe_content関数のフィルターの1つとして呼び出される。
パラメータ$brの指定による変換結果の違いは次の通り。
$peeの内容$brがtrue$brがfalse
"あいう\nかきく""<p>あいう<br />\nかきく</p>\n""<p>あいう\nかきく</p>\n"

使用例

  • 変数$contentのpタグ、brタグを整頓する。
    <?php $content = wpautop( $content ); ?>
  • 変数$contentのpタグ、brタグを整頓する(改行をbrタグに変換しない)。
    <?php $content = wpautop( $content, false ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

最終更新日時 : 2013-10-16 11:33