wpautop

(0.71以降)
wpautop - pタグ、brタグを整頓する

説明

string wpautop( string $pee [ , bool $br = true ] )
pタグ、brタグを整頓する。

パラメータ

  • $pee
    コンテントを指定。
  • $br
    改行をbrタグに変換する場合はtrue、変換しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

pタグ、brタグを整頓した文字列を返す。

注意

標準では、投稿内容を表示するthe_content関数のフィルターの1つとして呼び出される。
パラメータ$brの指定による変換結果の違いは次の通り。
$peeの内容$brがtrue$brがfalse
"あいう\nかきく""<p>あいう<br />\nかきく</p>\n""<p>あいう\nかきく</p>\n"

使用例

  • 変数$contentのpタグ、brタグを整頓する。
    <?php $content = wpautop( $content ); ?>
  • 変数$contentのpタグ、brタグを整頓する(改行をbrタグに変換しない)。
    <?php $content = wpautop( $content, false ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2013-10-16 11:33