wpautop

(0.71以降)
wpautop - pタグ、brタグを整頓する

説明

string wpautop( string $pee [ , bool $br = true ] )
pタグ、brタグを整頓する。

パラメータ

  • $pee
    コンテントを指定。
  • $br
    改行をbrタグに変換する場合はtrue、変換しない場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

pタグ、brタグを整頓した文字列を返す。

注意

標準では、投稿内容を表示するthe_content関数のフィルターの1つとして呼び出される。
パラメータ$brの指定による変換結果の違いは次の通り。
$peeの内容$brがtrue$brがfalse
"あいう\nかきく""<p>あいう<br />\nかきく</p>\n""<p>あいう\nかきく</p>\n"

使用例

  • 変数$contentのpタグ、brタグを整頓する。
    <?php $content = wpautop( $content ); ?>
  • 変数$contentのpタグ、brタグを整頓する(改行をbrタグに変換しない)。
    <?php $content = wpautop( $content, false ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

お勧めコンテンツ

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

最終更新日時 : 2013-10-16 11:33