$allowedposttags

(2.0.0以降)
$allowedposttags - 投稿できるHTMLタグ一覧

説明

array $allowedposttags
投稿時に有効なHTMLタグを連想配列(キー名が'a'や'h1'などのHTMLタグ名)で格納している。投稿(保存)時にこの中に定義されていないHTMLタグは除去される。

注意

WordPress 3.3.1標準の状態では、次のHTMLタグが登録されている。
a, abbr, acronym, article, aside, b, big, blockquote, br, button, caption, cite, code, col, del, dd, details, div, dl, dt, em, fieldset, figure, figcaption, font, footer, form, h1, h2, h3, h4, h5, h6, header, hgroup, hr, i, img, ins, kbd, label, legend, li, menu, nav, p, pre, q, s, span, section, strike, strong, sub, summary, sup, table, tbody, td, textarea, tfoot, th, thead, title, tr, tt, u, ul, ol, var
HTMLタグの登録内容は属性値の有無によって異なる。
/* 属性のないaddressタグの場合 */
'address' => array(),

/* 属性のあるaタグの場合 */
'a' => array(
	'class' => array (),
	'href' => array (),
	'id' => array (),
	'title' => array (),
	'rel' => array (),
	'rev' => array (),
	'name' => array (),
	'target' => array()),
なおkses.phpが読み込まれる前にプラグインなどによって設定するできる(その場合は定数CUSTOM_TAGSにtrueを設定すること)。

ソースファイル

/wp-includes/kses.php

お勧めコンテンツ

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する(2013年12月17日 登録)

管理者向けページが刷新したWordPress 3.8。そのダッシュボードページにはサイトの状況を示す「概要(At a Glance)」ウィジェットがある。この中には「投稿」や「固定ページ」の投稿件数が表示されており、同じようにカスタム投稿タイプの投稿件数を表示できないか調べてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

最終更新日時 : 2012-01-25 11:58