$currentday

$currentday - 現在の投稿記事の投稿日

説明

string $currentday
投稿情報を更新するthe_postsetup_postdata)関数により、投稿記事の投稿日が'd.m.y'形式(例:投稿日が2011年12月19日の場合は'19.12.11')で格納される。

メンバー変数

メンバー変数はありません。

メソッド

メソッドはありません。

注意

この$currentdayは、the_date関数、the_weekday_date関数、is_new_day関数などに影響を与える。

ソースファイル

/wp-includes/query.php

関連

  • is_new_day - 現在の投稿記事の投稿日が直前の投稿記事と同じか調べる
  • setup_postdata - 投稿記事に関連するグローバル変数を設定する
  • the_date - 投稿データの投稿日を表示する
  • the_post - 投稿データをロードする
  • $previousday - 直前の投稿記事の投稿日

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

最終更新日時 : 2012-09-30 21:46