EMPTY_TRASH_DAYS

(2.9.0以降)
EMPTY_TRASH_DAYS - ゴミ箱を空にする日数

説明

EMPTY_TRASH_DAYS
ゴミ箱を空にする日数。主に管理画面にて投稿情報やコメント情報のゴミ箱へ移動したものを実際に削除されるまでの猶予の日数として数値を指定する。

注意

標準ではすべてのプラグインが読み込まれた'plugins_loaded'アクションの実行後、wp_functionality_constants関数によって定義される定数となる。独自の日数を指定する場合は、wp-config.phpで定義できるが、プラグインでも定義できる。

値は日数になり、0の場合はゴミ箱を使用せず削除となる。これは管理画面上だけでなく関数レベルで行われ、投稿情報をゴミ箱へ移動するwp_trash_post関数は、投稿情報を削除するwp_delete_post関数がすぐに呼び出され、コメント情報をゴミ箱へ移動するwp_trash_comment関数は、コメント情報を削除するwp_delete_comment関数がすぐに呼び出される。

使用例

  • EMPTY_TRASH_DAYSが定期されているか調べる。
    <?php if ( !defined( 'EMPTY_TRASH_DAYS' ) ) : ?>
  • EMPTY_TRASH_DAYSが0か調べる。
    <?php if ( !EMPTY_TRASH_DAYS ) : ?>

ソースファイル

/wp-includes/default-constants.php

関連

お勧めコンテンツ

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

最終更新日時 : 2014-10-09 10:59