$is_lynx

$is_lynx - ブラウザがLynxか調べる

説明

bool $is_lynx
ブラウザのユーザエージェントを調べ、テキストベースブラウザLynx('Lynx'が含まれている)ならばtrue、Lynx以外ならばfalseとなる。

メンバー変数

メンバー変数はありません。

メソッド

メソッドはありません。

注意

特にありません。

関連

  • $is_chrome - ブラウザがChromeか調べる
  • $is_gecko - ブラウザがGeckoか調べる
  • $is_IE - ブラウザがInternet Explorerか調べる
  • $is_iphone - ブラウザがiPhoneか調べる
  • $is_macIE - ブラウザがMac版のInternet Explorerか調べる
  • $is_NS4 - ブラウザがNetscape 4.xか調べる
  • $is_opera - ブラウザがOperaか調べる
  • $is_safari - ブラウザがSafariか調べる
  • $is_winIE - ブラウザがWindows版のInternet Explorerか調べる

お勧めコンテンツ

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2012-09-30 21:27