$pagenow

$pagenow - 管理ページのページファイル名

説明

string $pagenow
管理ページのページファイル名。アクセスしているページが「新規投稿を追加」(/wp-admin/post-new.php)であれば'post-new.php'となる。

メンバー変数

メンバー変数はありません。

メソッド

メソッドはありません。

注意

/wp-includes/vars.phpにて更新される。主な値は次の通り。
$pagenowの値ページ
index.phpダッシュボード
admin.phpプラグインなどにより拡張したページ
comment.phpコメントの編集
edit.php投稿
edit-tags.php投稿タグ
media-new.phpメディアのアップロード
post.php投稿編集
post-new.php新規投稿を追加
profile.phpプロフィール
tools.phpツール
update-core.phpWordPressの更新
wp-login.phpログイン

関連

  • is_admin - リクエストページが管理者ページか調べる
  • is_network_admin - リクエストページがネットワーク管理者ページか調べる

お勧めコンテンツ

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

最終更新日時 : 2012-09-30 21:43