$previousday

$previousday - 直前の投稿記事の投稿日

説明

string $previousday
the_date関数において投稿日を表示(または取得)する際、$currentdayの値を直前の投稿日として格納する。中身の形式は$currentdayと同様'd.m.y'形式(例:投稿av日が2011年12月19日の場合は'19.12.11')となる。

メンバー変数

メンバー変数はありません。

メソッド

メソッドはありません。

注意

この$previousdayは、is_new_day関数に影響を与える。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

  • is_new_day - 現在の投稿記事の投稿日が直前の投稿記事と同じか調べる
  • setup_postdata - 投稿記事に関連するグローバル変数を設定する
  • the_date - 投稿データの投稿日を表示する
  • $currentday - 現在の投稿記事の投稿日

お勧めコンテンツ

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

最終更新日時 : 2012-09-30 21:46