$shortcode_tags

(2.5.0以降)
$shortcode_tags - ショートコードの定義情報

説明

array $shortcode_tags
ショートコードの定義情報が格納された連想配列。キーはタグ名が、値は対応する関数・メソッド情報となる。

メンバー変数

メンバー変数はありません。

メソッド

メソッドはありません。

注意

この$shortcode_tagsに対する操作は、add_shortcoderemove_shortcoderemove_all_shortcodes関数を使用すること。現状(3.0.1)、ショートコードが登録済みか調べる関数はなく、プラグインにおいてテーマ内で登録されたショートコードの有無を調べる際にこの$shortcode_tagsを参照するといった使用方法がいいだろう。

関連

お勧めコンテンツ

dashiconsの一覧表(2017年6月26日 登録)

管理画面のメニューなどで使用されるアイコンはバージョン3.8で追加されたdashiconsは実態はWebフォントであり、cssのクラス名で容易に利用できる。これまでプラグインを作る際に個別に調べたりしていたのだが、全体をパッと見たかったので整理してみた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

最終更新日時 : 2010-11-12 16:38