SHORTINIT

SHORTINIT - 初期化処理の短縮

説明

SHORTINIT
初期化処理を短縮するかどうかを示し、標準ではfalse(短縮しない)となる。

注意

他サイトとの連携やバッチ処理などの目的で独自処理のPHPファイルを作成する場合に使用する。初期化処理を短縮(簡略化)し、初期化処理を高速化できる効果がある。

初期化処理を短縮した場合ではデータベースとの接続は終わっており、グローバル変数$wpdbは利用できるが、ほとんどのWordPress標準関数、グローバル変数は利用できない。WordPressのデータベース構造やSQLについて十分に理解していないと目的の処理内容を記述するのは難しいと思われる。

なおwp-config.phpにこのdefineを記述するとエラーになる(WordPress 4.2.2で確認)。

使用例

  • 初期化処理を短縮して特定の処理を行う。
    <?php define( 'SHORTINIT', true ); require_once( dirname( __FILE__ ) . '/wp-load.php' ); /* 以下に具体的な処理内容を記述する。 */

ソースファイル

/wp-includes/default-constants.php

お勧めコンテンツ

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2015-06-16 13:04