SHORTINIT

SHORTINIT - 初期化処理の短縮

説明

SHORTINIT
初期化処理を短縮するかどうかを示し、標準ではfalse(短縮しない)となる。

注意

他サイトとの連携やバッチ処理などの目的で独自処理のPHPファイルを作成する場合に使用する。初期化処理を短縮(簡略化)し、初期化処理を高速化できる効果がある。

初期化処理を短縮した場合ではデータベースとの接続は終わっており、グローバル変数$wpdbは利用できるが、ほとんどのWordPress標準関数、グローバル変数は利用できない。WordPressのデータベース構造やSQLについて十分に理解していないと目的の処理内容を記述するのは難しいと思われる。

なおwp-config.phpにこのdefineを記述するとエラーになる(WordPress 4.2.2で確認)。

使用例

  • 初期化処理を短縮して特定の処理を行う。
    <?php define( 'SHORTINIT', true ); require_once( dirname( __FILE__ ) . '/wp-load.php' ); /* 以下に具体的な処理内容を記述する。 */

ソースファイル

/wp-includes/default-constants.php

お勧めコンテンツ

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

最終更新日時 : 2015-06-16 13:04