STYLESHEETPATH

(2.1.0以降)
STYLESHEETPATH - 現在のテーマのパス名

説明

STYLESHEETPATH
現在のテーマのスタイルシートがあるディレクトリのパス名。WordPressがwpディレクトリにインストールされ、テーマがchild1の場合は次のような値になる。
Linux環境:/var/www/html/wp/wp-content/themes/child1
Windows環境:C:\Program Files\Apache Group\Apache2\htdocs.tokyoac\wp/wp-content/themes/child1

注意

末尾に'/'は付与されない。get_stylesheet_directory関数で取得できる値と同じであり、この定数を使うほうが効率的である。標準的なテーマの場合、STYLESHEETPATHとTEMPLATEPATHは同じ値となるが、子テーマの場合はSTYLESHEETPATHは子テーマ自身のパスになるが、TEMPLATEPATHは親テーマのパスになる。

使用例

  • 現在の(子)テーマのテンプレートファイル'single-image.php'を読み込む。
    <?php include STYLESHEETPATH.'/single-image.php'; ?>

関連

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2011-09-28 18:20