STYLESHEETPATH

(2.1.0以降)
STYLESHEETPATH - 現在のテーマのパス名

説明

STYLESHEETPATH
現在のテーマのスタイルシートがあるディレクトリのパス名。WordPressがwpディレクトリにインストールされ、テーマがchild1の場合は次のような値になる。
Linux環境:/var/www/html/wp/wp-content/themes/child1
Windows環境:C:\Program Files\Apache Group\Apache2\htdocs.tokyoac\wp/wp-content/themes/child1

注意

末尾に'/'は付与されない。get_stylesheet_directory関数で取得できる値と同じであり、この定数を使うほうが効率的である。標準的なテーマの場合、STYLESHEETPATHとTEMPLATEPATHは同じ値となるが、子テーマの場合はSTYLESHEETPATHは子テーマ自身のパスになるが、TEMPLATEPATHは親テーマのパスになる。

使用例

  • 現在の(子)テーマのテンプレートファイル'single-image.php'を読み込む。
    <?php include STYLESHEETPATH.'/single-image.php'; ?>

関連

お勧めコンテンツ

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

最終更新日時 : 2011-09-28 18:20