WP_MAX_MEMORY_LIMIT

(3.0.0以降)
WP_MAX_MEMORY_LIMIT - WordPressが使用するメモリー上限値

説明

WP_MAX_MEMORY_LIMIT
WordPressが使用するメモリー上限値で標準では'256M'となる。

注意

標準ではwp_initial_constantsにて定義されている。管理画面などでメモリー不足になる場合はwp-config.phpに次のような内容を追加する(実際にメモリー割り当てできるかはサーバー環境に依存する)。

define( 'WP_MAX_MEMORY_LIMIT', '512M' );

manage_options権限を持つユーザの管理画面のほか、画像編集およびzipファイルの解凍時には、次のようにphpの'memory_limit'設定値を更新しており、'admin_memory_limit'フィルターで変更可能になっている。

@ini_set( 'memory_limit', apply_filters( 'admin_memory_limit', WP_MAX_MEMORY_LIMIT ) );

使用例

テーマやプラグイン内で直接使用することはないだろう。

ソースファイル

/wp-includes/default-constants.php

関連

お勧めコンテンツ

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

最終更新日時 : 2015-06-12 13:31