WP_MAX_MEMORY_LIMIT

(3.0.0以降)
WP_MAX_MEMORY_LIMIT - WordPressが使用するメモリー上限値

説明

WP_MAX_MEMORY_LIMIT
WordPressが使用するメモリー上限値で標準では'256M'となる。

注意

標準ではwp_initial_constantsにて定義されている。管理画面などでメモリー不足になる場合はwp-config.phpに次のような内容を追加する(実際にメモリー割り当てできるかはサーバー環境に依存する)。

define( 'WP_MAX_MEMORY_LIMIT', '512M' );

manage_options権限を持つユーザの管理画面のほか、画像編集およびzipファイルの解凍時には、次のようにphpの'memory_limit'設定値を更新しており、'admin_memory_limit'フィルターで変更可能になっている。

@ini_set( 'memory_limit', apply_filters( 'admin_memory_limit', WP_MAX_MEMORY_LIMIT ) );

使用例

テーマやプラグイン内で直接使用することはないだろう。

ソースファイル

/wp-includes/default-constants.php

関連

お勧めコンテンツ

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 登録)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

最終更新日時 : 2015-06-12 13:31