WP_MEMORY_LIMIT

WP_MEMORY_LIMIT - WordPressが使用するメモリー使用量

説明

WP_MEMORY_LIMIT
WordPressが使用するメモリー使用量で標準ではマルチサイトが'64M'、シングルサイトが'40M'となる。

注意

標準ではwp_initial_constantsにて定義されており、メモリー使用量を変更する場合にはwp-config.phpに記述することになる。

サイトのPHP環境設定(php.iniなど)でWP_MEMORY_LIMITの設定値よりも大きなサイズが指定されている場合はWP_MEMORY_LIMITの設定値は無効となる。また管理画面にてサイト管理者('manage_options'権限所有者)がアクセスした場合やメディアの画像編集ページのようなメモリー消費が多くなる一部のページではWP_MAX_MEMORY_LIMITの設定値が適用される。

使用例

  • メモリー使用量を128Mに設定する。
    <?php
    
    /* 中略 */
    
    define('WP_MEMORY_LIMIT', '128M');
    
    /* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

ソースファイル

/wp-includes/default-constants.php

関連

お勧めコンテンツ

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

最終更新日時 : 2015-06-15 10:35