WP_MEMORY_LIMIT

WP_MEMORY_LIMIT - WordPressが使用するメモリー使用量

説明

WP_MEMORY_LIMIT
WordPressが使用するメモリー使用量で標準ではマルチサイトが'64M'、シングルサイトが'40M'となる。

注意

標準ではwp_initial_constantsにて定義されており、メモリー使用量を変更する場合にはwp-config.phpに記述することになる。

サイトのPHP環境設定(php.iniなど)でWP_MEMORY_LIMITの設定値よりも大きなサイズが指定されている場合はWP_MEMORY_LIMITの設定値は無効となる。また管理画面にてサイト管理者('manage_options'権限所有者)がアクセスした場合やメディアの画像編集ページのようなメモリー消費が多くなる一部のページではWP_MAX_MEMORY_LIMITの設定値が適用される。

使用例

  • メモリー使用量を128Mに設定する。
    <?php
    
    /* 中略 */
    
    define('WP_MEMORY_LIMIT', '128M');
    
    /* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

ソースファイル

/wp-includes/default-constants.php

関連

お勧めコンテンツ

各投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を取得するには(2011年9月16日 登録)

投稿記事ごとに設定されているカスタムフィールドの値はget_post_meta関数で取得できるが、すべての投稿記事で設定されているカスタムフィールドの値を一覧を取得する関数が見当たらない。カテゴリーや投稿タグのようにそれぞれの値と実際に使用されている投稿記事件数を取得したいのだが、探し方が悪いのか見つからないのだ。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

最終更新日時 : 2015-06-15 10:35