WP_MEMORY_LIMIT

WP_MEMORY_LIMIT - WordPressが使用するメモリー使用量

説明

WP_MEMORY_LIMIT
WordPressが使用するメモリー使用量で標準ではマルチサイトが'64M'、シングルサイトが'40M'となる。

注意

標準ではwp_initial_constantsにて定義されており、メモリー使用量を変更する場合にはwp-config.phpに記述することになる。

サイトのPHP環境設定(php.iniなど)でWP_MEMORY_LIMITの設定値よりも大きなサイズが指定されている場合はWP_MEMORY_LIMITの設定値は無効となる。また管理画面にてサイト管理者('manage_options'権限所有者)がアクセスした場合やメディアの画像編集ページのようなメモリー消費が多くなる一部のページではWP_MAX_MEMORY_LIMITの設定値が適用される。

使用例

  • メモリー使用量を128Mに設定する。
    <?php
    
    /* 中略 */
    
    define('WP_MEMORY_LIMIT', '128M');
    
    /* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

ソースファイル

/wp-includes/default-constants.php

関連

お勧めコンテンツ

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

投稿一覧に独自リンクを追加する(2013年4月25日 登録)

管理者ページの「投稿一覧」や「固定ページ一覧」の各投稿記事はマウスポインタを移動すると、「編集」や「クイック編集」といったリンクが表示される。このリンクに独自のリンクを追加する方法を調べてみた。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2015-06-15 10:35