$wp_version

$wp_version - WordPressバージョン番号

説明

$wp_version
WordPressのバージョン情報。'3.6'や'3.5.2'のようなバージョンを示す文字列となる。

注意

バージョンによって処理を振り分ける場合に使用する。バージョンの比較には、PHPのversion_compare関数(パラメータ数によって返り値が変わる)を使用するのが便利。

使用例

  • WordPress 3.5以降か調べる。
    <?php global $wp_version;
    if ( version_compare( $wp_version, '3.5' ) >= 0 ) :
    ?>
  • WordPress 3.5以降か調べる。
    <?php global $wp_version;
    if ( version_compare( $wp_version, '3.5', '>=' ) ) :
    ?>

ソースファイル

/wp-includes/version.php

お勧めコンテンツ

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

最終更新日時 : 2013-08-21 11:27